zakzak

記事詳細

22年大河「鎌倉殿の13人」主演に小栗旬起用の“深いワケ” 沢尻エリカも出演の番組で「演技に薬物必要ない」明言

 2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、主演の北条義時を演じるのが俳優、小栗旬(37)。8日の制作発表会見では脚本を担当する三谷幸喜氏(58)が、大河をめぐって不祥事が相次ぐことに異例の警告を発する中、小栗に白羽の矢が立ったのにはワケがあるというのだ。

 「オファーを受ける俳優さんに言いたい。もし『俺、ちょっとやばいかな』とか、『すねに傷を持っている』と思っている人がいたら、ぜひ断ってください」

 会見で三谷氏が放ったまさかの警告。もちろん三谷流のジョークだが、最近の大河をめぐっては出演者の不祥事で降板や再編集、撮り直しが相次いでいることを踏まえれば、本当はしゃれにならない話でもある。

 「いだてん」ではピエール瀧(52)が、「麒麟がくる」では沢尻エリカ(33)が薬物事件で逮捕されて降板。スタッフは再編集や撮り直しを迫られるという最悪の事態が続いている。

 「もはや“大河の呪い”といってもいいほど。とはいえ、大河は1年間続くこともあり、出演者も多数。それだけにすべての俳優の身体検査を完璧にすることはできない。多少なりでも不安を抱える俳優は使いたくないというのがホンネです」とNHK関係者。

 そんな中、主役に選ばれたのが小栗なのだが、「若いころはアイドルらと浮名を流し、やんちゃもしていましたが、結婚し、父親になってからは落ち着いてきました。特に演技への取り組み方は半端なく、最近は役者と飲んでも演技論を闘わすのが常。薬物事件のようなつまらないことで、自身のキャリアを失う気はないでしょう」と演劇関係者は明かす。

 そんな小栗の強い思いが表れていたのが昨年9月に放送された「ボクらの時代」(フジテレビ系)だ。主演映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の宣伝を兼ねて、逮捕される前の沢尻らと出演した小栗は、薬物に対する考えを明確に示している。

 “ドラッグの役だから、ドラッグやりますとか、そういうことじゃないのよね、と。ということは、いろんな想像力で補いましょうというのが、一番重要なところになっていくよね”

 「沢尻が逮捕された当時は、かねて薬物使用の噂があった沢尻への当てつけともささやかれましたが、小栗の演技に対する真摯な姿勢が現れている発言です。ここまで言ったら、さすがに薬物に手を染めることはないでしょう。NHKもそんな小栗の姿勢を評価しているのです」と先の演劇関係者。

関連ニュース

アクセスランキング