zakzak

記事詳細

伊藤桃ちゃんは“シブ~い”のがお好き! 鉄道に居酒屋…異彩を放つ趣味

 鉄道好きで、居酒屋好き。しかもシブーい居酒屋が好きっていうんだから、気にならないわけがない。それがタレント、伊藤桃だ。

 「窓の外に流れる景色を見るのが好きで…。旅情っていうんですね。列車に乗っている間は、自分だけの時間ですから。これが好きなんです」という彼女。

 中学時代から妹と2人で電車旅を始め、高校生からは「青春18キップ」で乗りまくり、2016年1月にはJR全線の乗車を達成したという筋金入りの“乗り鉄”。

 さらにシブい駅舎をこの上なく愛しており、「渋そうな駅舎を調べていくんです。お気に入りの駅は、わたらせ渓谷鉄道の上神梅駅ですね」というが、この駅は1912(大正元)年に建築された木造駅舎というから驚き。

 シブいもの好きが高じて、居酒屋も、それはそれはシブい店がお好みなのだ。

 「大人になっていろんな店に行きたいと思って居酒屋に通ううち、シブいお店にひかれるようになったんです。建物はもちろんですが、こういうお店って実はちょっとした心遣いが丁寧でうれしくなるんです」

 そんな彼女がおいしい店を見極める一品は「焼きおにぎり」とのこと。「シンプルに見えて、タレや焼き加減など手がこんでるんです。おいしい焼きおにぎりに出会うとうれしくなるんです」

 そんな食べ歩きをまとめた「小田急全駅ものがたり」(シンコーミュージック)も話題だ。

関連ニュース

アクセスランキング