zakzak

記事詳細

サウナーグラドル園都が教える「汗だくサウナの楽しみ方」

 かつて男性客だらけだったサウナへ通うサウナ女子が増えている。週4日も通うサウナーグラドル園都(27)と一緒に、「スカイスパYOKOHAMA」で汗だくサウナの楽しみ方をチェックしよう。

 スカイスパYOKOHAMAは横浜駅直結、東口から徒歩3分のビル14階にある老舗のスパ&サウナ。サウナーたちの絶大な人気を誇るフィンランド式ドライサウナは、フィンランド人が好む80℃前後の室温を保ち、アウフグース(ロウリュ)専用のサウナストーブを設置。アロマを含んだ水を熱々のサウナ石にかけて蒸気を発生させ、タオルであおぐアウフグースを高層からの景色を眺めながら楽しめる。血行促進の効能を持つ高濃度炭酸泉の風呂は、サウナ前の入浴で発汗をより促す効果があり、サウナ通はこの泉質を高く評価する。仕事ができる「コワーキングスペース」を備えたサウナとしても話題を集めている。

 【1】チェックイン!

 受付カウンターで料金を支払い、チェックイン。ロッカーキー、タオルと館内着が入ったバッグを受け取り、いざ“天空のサウナ”へGO!

 【2】体を洗う

 「浴場に入ったら体を洗います。マナーですし、皮膚の汚れを落とすことにより発汗しやすくなります。サウナに入る前に水をたくさん飲んでおくと汗をかきやすくなりますよ」(園、以下同)

 【3】炭酸泉につかる

 サウナの前に風呂に入る。「お風呂で体を温めることによって、サウナでの汗の出方が全然違います。この高濃度炭酸泉は、皮膚から炭酸ガスが吸収されて毛細血管が開くので温まりやすいですね」

 【4】フィンランド式ドライサウナ

 壁面にはケロ材を用い、海側に大きな窓を配置。「自然光たっぷりで気持ちいい。夜景も綺麗そう。私は10分過ごしますが、それぞれのペースでOKです」

 【5】アウフグース

 タオルを回転しながらあおぐアウフグース。「蒸気の熱波がすご~い!  汗が大量に出て気分もアゲアゲです!」

 【6】水風呂

 サウナを出て水風呂へ。「気持ちいい~。心身が浄化されます。初心者はお湯のシャワーのあとに入るといいですよ」

 【7】休憩

 水風呂のあと、みなとみらい地区と海を一望できる絶景スポットで休憩。「あ~、ととのった(笑い)。休憩をしっかりとることも大切です」

 【8】ベイ・ビュー

 床暖房を完備した男女共有スペース、壁には岩盤浴ができる設備も。「温かくてくつろげます」

 【9】コワーキングスペース

 仕事ができるコワーキングルームで飲食もできる。「くう~っ、美味しいっ! サウナの〆の冷えたビールは最高です!」

 ■スカイスパYOKOHAMA 神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル14F

 入館対象:男性・女性

 サウナ:2種類/水風呂15℃/ロウリュあり

 営業時間:24時間

 定休日:無

 料金:平日2450円(8時~22時)17時以降の入館は5時間まで/土・日・祝2450円(5時間まで)

 【プロフィール】その・みやこ/1992年生まれ、徳島県出身。グラビアアイドル、タレントとして幅広く活躍。サウナ歴16年・週4日通いの「サウナ好き女子」で知られ、「日本一湿度の高い女」の異名を持つ。趣味はサウナ巡り、ゴルフ。写真集『ひとひら』など好評発売中。

 ※週刊ポスト2020年2月21日号

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング