zakzak

記事詳細

チームリーダーとしての「資質」…残念ながら私にはなかった

 皆さんはプロデューサーと呼ばれる人が実際何をする人か、ご存じでしょうか。

 まずお金に関する責任者がエグゼクティブ・プロデューサー、音に関する責任者がサウンド・プロデューサーと呼ばれます。

 そしてサウンド・プロデューサーは、作詞作曲編曲すべてを自分でする人から、すべてを人に任せる人までいます。どういう形であれ、最終的な音の責任者というわけです。

 プロデューサーという名称が小室哲哉さんによって世の中に広く認知されたので、作詞作曲編曲すべてを自分でする人が普通なのかと思われがちですが、それはかなり珍しいケースなのです。通常プロデューサーは、アーティスト本人が楽曲制作に携わらない場合、誰に作詞作曲編曲を依頼するかを考えて、その仕上がりに責任を持ちます。

 アーティストやバンド自身が楽曲を自分たちで作る場合、全体のまとまりやコンセプトを考えたり、どうすればもっと楽曲のクオリティーが高くなるかを話し合ったりといった、ある意味チームリーダー的な役割が大きくなります。

 こういった形でのプロデューサーとしては、BOOWYやJUDY AND MARYなどをプロデュースした佐久間正英さんが有名ですね。

 相川七瀬のプロデュースについては、作詞作曲編曲から演奏まで、ほぼ私1人でやっています。

 1998年頃、私は他にあと3つのバンドにプロデューサーとして関わっていました。ただ、これらのバンドはみな自分たちで音を作ることができたので、作詞作曲編曲について、私は監修といった立場で、どうしても本人たちだけだと収拾がつかないときには参加するという形でした。

 私ももともとはバンドマンですから、いいバンドがいるとついつい手助けしたいと思うわけです。でも音楽面ではリードしてあげられても、とにかくチームリーダーとしての資質が残念ながら私にはないのです。私は単なる音楽を創る職人であって、元来は空気の読めない、社会やら人間関係やらの中でのあり方がよく分からない男なのです。

 3バンドとも、とても才能のあるチームだったので、きちんと導いてあげられる人間がいたら、もっと大きく羽ばたけただろうに、という後悔がずっと残っています。

 ともかくこの時期、会社組織の中でも、プロデューサーとしても、一番苦手なポジションを担当することが多くなり(自分でそうしてしまったのですが)、ストレスがどんどんたまっていく中で鬱の症状は徐々に悪化し、酒量がひたすら増えていったのでした。

 ■織田哲郎(おだ・てつろう) シンガーソングライター、作曲家、プロデューサー。1958年3月11日生まれ。東京都出身。現在「オダテツ3分トーキング」をYouTubeで配信中(毎週土曜日更新)。

 弦カルテットとの共演による『幻奏夜IV』は16日(日)=東京・丸の内コットンクラブ▽23日(日)=名古屋ブルーノート▽24日(月祝)=ビルボード大阪-で開催。一般予約を受付中。さらに29日(土)には「幻奏夜+」を下関市民会館大ホールで開催。詳しくは公式サイトt-oda.jpへ。

関連ニュース

アクセスランキング