zakzak

記事詳細

近頃よく目にする俳優・浅香航大の初主演ドラマ『今夜はコの字で』がオイシイ!

 このところ「浅香航大(こうだい)」という若手俳優を頻繁に目にする。

 最初に目にとまったのは5年ほど前、朝ドラ『マッサン』での堤真一の長男役。凛々しい学生服姿が似合ったが早世し、逆に印象深かった。朝ドラ『ひよっこ』(再放送中)ではヒロインと同じアパートの住人で2人組の売れない漫画家(後の藤子不二雄?)の1人。その前年の名作『奇跡の人』でもアパートの住人の1人という役で余計に記憶に残った。

 いずれもNHKだが、民放でも昨年の大ヒット作『あなたの番です』では刑事役で強い印象を残した。なにしろ惨殺される死にざまがすさまじかったから。先日書いたNHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』でも主人公の柄本佑を慕う研修医役を好演。割とオイシイ二枚目(半)の役が多い。

 27歳。個人的には長谷川博己(42)の後に続く若手の筆頭株の1人ではないかと思うが、その浅香にやっと今回、主演ドラマがめぐってきた。『今夜はコの字で』。月曜深夜のBSテレ東、しかもW主演(中村ゆりとの共演)ではあるが、初主演ドラマには違いない。

 広告マンの浅香が大学の憧れの先輩でフード・コーディネーターをしている中村と再会。カウンターがコの字型の居酒屋を次々教えられ、一緒に次々訪ねて楽しむという話。実際にある都内や周辺にある店でロケしている。昨秋でシーズン8に達したテレ東『孤独のグルメ』の「コの字酒場」版だ。月曜深夜の放送にふさわしく、同じコの字酒場ドラマの『深夜食堂』とは180度違う雰囲気。うまし酒と肴(抜群のシズル感!)と恋模様。下戸の井之頭五郎(『孤独のグルメ』の松重豊)ではそうはいかない。

 実は『顔ヨガドラマ ムンクの叫びはビューティフル』という5分間の超ミニドラマがNHKで2月からときどき放送されていて、ちょっとまぎらわしいのだが、出演者は浅香と中村アン(ゆりではない!)の2人だけ。これまた美女との共演だ。うらやましいよ、浅香。(新橋のネクタイ巻き)

関連ニュース

アクセスランキング