zakzak

記事詳細

安眠アプリ 眠る前はイメージで気持ちよく…

★其ノ参百弐拾弐

 安眠アプリ、なるものを知りました。仕事場で知り合った知人が愛用しているというので、どんなものなのかを聞いてみました。「寝る前にアプリから流れるアナウンスの通りにイメージすると、気持ちよく入眠できるようになってきた」というのです。彼女は不眠ぎみで病院にも通ったことがある人でしたから、そんなに効果あるのか…と興味がわいてきます。

 睡眠改善薬やお酒に頼ることなく眠りたい…。そんな方々にはぜひ試してほしいという彼女の熱意におされて、私も思いきってダウンロードしてみました。どんなアプリでも大体は似ており、寝る前にリラックスを促すものであれば、「ここがいい」というのはないそうです。

 私がダウンロードしたアプリはリラックスするために体を少し動かしては静止、そして深呼吸…という流れで進み、5分ほどの短いものでした。

 ここ数日、寝る前に電気を消して横になり、このリラックス方法を続けています。今の時点ですごく眠くなる時間が早くなっていい、とは言えませんが、寝る前に体を少し動かしながら深い呼吸に集中して、言われた通りのイメージ(背中がベッドに沈むような…とか、眉間の間を広げるような…とか)をすることは意味があるなと感じるようになりました。脳が適度に疲労して眠さにつながるようです。

 実は、スポーツ選手や棋士の方々がイメージトレーニングするのは理解できましたが、私自身がイメージトレーニングをしてどうなるのかしら、変わらないでしょと正直思っていたのです。

 しかし、現実はどんな場合でも自分がそうありたいと思う世界をイメージして落ち着くことは非常に大事だと気づきました。今さらかもしれませんが、できるだけよく眠れるイメージをしながら、就寝前の時間を過ごそうと改めて決意したのでした。

 ちなみに最近では安眠効果が期待できるBGMとして「たき火の音」がおすすめと聞きました。たき火のパチパチ音で安眠…これもアプリをダウンロードしようかと考え中です。滝の音や小鳥のさえずりならきいたことがありますが…。リラクセーション市場はなかなか奥が深いようです。

 ■壇蜜(だん・みつ) 1980年12月3日生まれ、秋田県横手市出身。本名・齋藤支靜加。158センチ、B85・W60・H89。昭和女子大卒。

 レギュラー番組はBS-TBS「ご近所さんは世界から」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」水曜パートナー、TBS「サンデージャポン」(隔週)、NHKラジオ第2「高校講座 保健体育」、文化放送「壇蜜の耳蜜」など多数。

アクセスランキング