zakzak

記事詳細

人に恵まれたことで開けたフリーアナとしての「道」 これからも冷静に現実を見ながらも前向きに

 時々、地方局で働いているアナウンサーから。東京でフリーアナウンサーになりたいんですが…と相談を受けます。そんなとき私は、フリーで仕事をもらうのは本当に難しいことなんだと現実的な話をします。

 私はフリーになって8年、とてもありがたいことにレギュラー番組をいただいてきました。これは本当に奇跡だと思っています。上京前に地方局のアナウンサーを辞める決断をしたとき、正直アナウンサーの仕事で食べていけるとは思っていませんでした。客観的に考えて、当時私はアナウンサーの中でもうまいといえるほうではなく、正直厳しいと思っていたのです。

 ただ、東京でチャレンジするという夢を諦めきれず、「挑戦し続けてオーディションに落ち続ければ諦められる」と思ったのです。ただチャレンジするからにはとことんやろうと。自分の欠点をしっかり分析し、できる限りの努力をし続けてきました。

 ただ努力をしている人なんて山ほどいる中、今までお仕事の機会をたくさん与えていただけたのは、本当に周りの方々のおかげだと思っています。私は人に恵まれている運のよさだけは自負しています。

 また、現実を冷静に見る目を持ちつつも、前向きに考えて行動することは意識していました。一見、相反することなのですが、そのバランスが大事なのかなと考えています。自分の至らなさは自覚しつつも、自分のできることをポジティブに考えることで、道は開けていくのではないかと思います。

 フリーになってから、たくさんの経験をさせていただいたおかげで、私自身とても成長させていただきました。このコラムも約2年、自由に楽しく書かせていただけて、とても感謝しています。

 学生時代は国語で欠点をとっていたくらい文章を苦手としていた私が、こんなにたくさんの皆さまに読んでいただけるようになるなんて思ってもいませんでした。

 今回で最終回となりますが、最後までつたない文章にお付き合いいただきありがとうございました。またどこかでお会いしましょう!

 ■酒井千佳(さかい・ちか) 気象予報士、フリーアナウンサー。1985年5月18日生まれ。兵庫県出身。京大工学部建築学科卒業後、北陸放送、テレビ大阪での局アナを経て、2012年4月、フリーに転身。アナウンサー1年目に取得した気象予報士の資格を生かし、「Oha!4 NEWS LIVE」(日本テレビ系)、「おはよう日本」(NHK)に出演。

 現在は「Live News it!」(フジテレビ系)の「お天気コーナー」レギュラー。

 座右の銘は「為せば成る」。

関連ニュース

アクセスランキング