zakzak

記事詳細

広瀬すずと“濃厚接触”? イベント取材のカメラマンに感染発覚

 22日に公開された広瀬すず(21)主演の映画『一度死んでみた』。

 「初日舞台あいさつができない代わりにメディアを集めて初日イベントが行われました」とウェブサイト記者。その数日後のこと。

 「映画会社から体調確認の電話が来たんです。3月10日にPRイベントがあったのですが、その現場に感染したカメラマンがいたんです」

 共同通信が、業務委託している40代の男性カメラマンが新型コロナウイルスに感染していると発表したのは23日のこと。

 「芸能関係の映像カメラマンですが、スチールカメラマンなんです。『俺も濃厚接触しているのかなぁ』って、他社のカメラマンや記者は戦々恐々ですよ」(前出・ウェブサイト記者)

 プロダクション関係者もタレントを守るために要望する。

 「囲み取材は当面禁止にしてほしい。先日の東出昌大さんの囲み取材を見ていて、芸能リポーターに感染者がいたら…とゾッとしました」

 すでにスポーツ紙、出版社でも感染者が出ている状況。小池百合子都知事が「感染爆発の重大局面にある」と強い言葉で訴えた。その指摘が杞憂に終わる保証はない。

関連ニュース

アクセスランキング