zakzak

記事詳細

志村けんさんが夕刊フジに遺した言葉「オレもいつか、喜劇役者と呼ばれる、職人になりたい!」

 新型コロナウイルスによる肺炎のため、29日に70歳で急逝したコメディアン、志村けんさん。その存在の大きさが改めてクローズアップされているが、夕刊フジで2001年から約2年間にわたって連載した「志村けんの人生だいじょぶだぁ~」でその思いを包み隠さず言葉にして残していた。

 コメディアンとしてコントについてこう語る。

 「サッカーと同じでチームワークなんですよ。とくにドリフターズは、基本的に誰が受けたということよりも、最終的にド~ンと大きな笑いをとるために、みんなが平気で捨て石になった」(02年6月18日発行)

 志村さんを語る言葉としてよく使われるのが『真摯』『謙虚』『まじめ』。芸に対する向き合い方については、尊敬する“喜劇役者”として三木のり平、伴淳三郎、由利徹の名前を挙げる。そこに感じているのは“職人”のにおい。

 「オレもいつか、喜劇役者と呼ばれる、職人になりたい!」(02年6月25日発行)

 志村さんの代名詞でもある数々のギャグ。それが生まれたきっかけについても語っている。

 童謡「七つの子」の替え歌「カラスの勝手でしょ」は当時、PTAから苦情も寄せられたが、今でもしっかりと子供たちのなかに息づいている。

 「元々は近所の子供が、『♪カ~ラス、なぜ鳴くのぉ~、カラスの勝手でしょ』って歌っていたのを、『ヘェ~、こりゃ面白いな』と、すぐパクらせてもらったのが始まり」(02年7月30日発行)

 志村さんのものまねといえば、必ず使われる「アイーン」の誕生秘話はこうだ。『8時だョ!全員集合』のコントで、いかりや長介に怒られたとき、「逆にこっちが『何だよぉ!』って、刃向かっていく時にやったり。ただ、オレその時、『アイ~ン!』って言ったかどうか、ハッキリ覚えていねぇんだよなぁ」(01年7月10日発行)というのだ。

 多くの女性と浮名を流しながら、最後まで独身を貫いた理由はこう明かす。3年間以上同棲した彼女に別れ間際、財産の半分を持っていかれるという手痛い体験をしたというのだ。

 「だからオレ、やっぱり結婚できないよ」(01年7月31日発行)

 「バカ殿」などで共演した田代まさし(63)についても義理堅い一面をのぞかせていた。

 「あいつと、もしもう一度一緒にコントをやれる時期が来たら、そんときはオレ、『バカ殿』で、あいつのことをボロボロに言っちゃって、一回はそのコトを、オレの方で笑いにしちゃった方がいいんじゃないかと思ってるんだよね」(01年4月17日発行)

 コント台本を書くストレスについて語ったときは、こうまとめていた。

 「お笑いやってる人間が寿命を縮めちゃ、シャレにならないもんね」(01年4月24日発行)

 コロナで寿命を縮めちゃ、もっとシャレにならないじゃないですか。

関連ニュース

アクセスランキング