【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】『ベストテン』が“メジャー進出”の第一歩! 初出演に緊張「トイレに行きたくなって…」 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

『ベストテン』が“メジャー進出”の第一歩! 初出演に緊張「トイレに行きたくなって…」 (1/2ページ)

 セカンド・シングル「少女A」の発売(1982年7月28日)から1カ月。芸能誌をはじめテレビ各局からの問い合わせが殺到し始めた。ワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)の販売担当者は振り返る。

 「宣伝担当者は、これまでお願いしても反応が鈍かった芸能誌からインタビューや撮影の問い合わせなどが相次ぎ、逆にスケジュール調整が難しくなってきたと言っていました。レコード店からの受注は私たち営業担当者が直接受けてもいましたが、それもリアルに高まっていて、売れていくというのはこういうものかとどこかモチベーションも高まっていました」

 オリコンのシングルチャート初登場40位(82年8月9日付)でスタートした「少女A」は、4週目の8月30日付で24位にまで上昇、ロングヒットの様相を見せてきた。その人気を一気に押し上げる起爆剤が当時、木曜日の夜9時からTBS系列で放送していたランキング番組「ザ・ベストテン」への出演だった。

 同番組は平均視聴率が28・0%(82年実績)という驚異的な音楽番組だった。明菜は9月16日に初登場9位で出演。9999点が最高点の中、6189点だった。

 これまで、デビューのキッカケになった日本テレビ「スター誕生!」は別として、出演した音楽番組といえば、日曜日夜のNHK総合「レッツゴーヤング」とテレビ東京「ヤンヤン歌うスタジオ」ぐらいだっただけに「デビュー4カ月でようやくスタートラインについたような思いだった」(前出の営業担当者)。

 司会の久米宏の呼び込みで登場した明菜の笑顔はどこかこわばったようだった。黒柳徹子から初登場の感想を聞かれ「嘘みたいです」と緊張気味に答えると、さらに「トイレに行きたくなってしまって…」。思いもよらない一言に一瞬、周囲も戸惑いを隠せなかった。

 「言い方が悪いかもしれませんが、ある意味ランキング番組だったから出演できたと思います。通常の音楽番組なら、まだ先になっていたかもしれません。しかし『ベストテン』への出演はメジャー番組進出の第一歩になったことは確かです」(前出の営業担当者)

 事実、「ザ・ベストテン」をキッカケに翌週9月20日放送のフジテレビ「夜のヒットスタジオ」にも初出演し「少女A」を熱唱した。

 ワーナーの邦楽宣伝課で明菜のプロモートを担当した富岡信夫氏(現モモアンドグレープスカンパニー代表取締役)は、「この時『ベストテン』と『夜ヒット』の力を改めて実感しました。この2本だけで、これまでの何十倍もの反響が寄せられました。ただ、明菜が他の新人アイドルと大きく違ったのは地方のファンが圧倒的に多かったことでしょうか。デビュー以来、地道に続けた全国キャンペーンの効果だと今でも思っています。地上戦と空中戦が結びついて大きなパワーになったのです」という。

 9月27日付オリコンのシングルチャートは一気に14位にアップし、10月4日付でついにベストテン入り(9位)を果たした。アイドル新人歌手のシングルが発売2カ月後にベストテン入りするのは異例だった。

関連ニュース

アクセスランキング

×