20歳アイドルが急死、いったい何が… 死因明らかにされず、グループは活動休止 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

20歳アイドルが急死、いったい何が… 死因明らかにされず、グループは活動休止

 今月10日、20歳の若さで急逝した7人組の女性アイドルグループ「KissBee(キスビー)」の初代リーダー、鷹野日南さん。注目度が高まり、まさにこれからというときだけに衝撃が走った。いったい何があったのか。

 鷹野さんの死は、グループの公式ツイッターで13日に公表された。

 《ご家族の意向もあり、葬儀を終えた後でのご報告とさせて頂きましたので、皆さまへのご報告が遅くなり、申し訳ございません》

 鷹野さんは亡くなった10日午前8時すぎ、「みんながいてくれたからここまでこれたよありがとう」とSNSに投稿。運営側も「まだその現実を受け入れられない状況」と説明し、グループの活動も休止となった。死因などは明らかにされていない。

 KissBeeは2014年に結成されたアイドルグループ。初期メンバーの鷹野さんは17年からは、ユーチューバーグループ「URA-KiSS」(通称うらきす)のリーダーとしても活動。渋谷を中心に活動する平均年齢19歳の7人組が「うらきすハウス」で共同生活を行い、毎日動画を投稿するという話題性から「2018年Yahoo!検索大賞新人賞」を受賞している。

 「鷹野さんは今年6月に設立された『zzz.inc.(ねむ)』の代表取締役社長にも就任し“取締役アイドル”とも呼ばれていました。12日には初の主催イベントを開催予定でした。コロナ禍もあり、自分たちで売り上げを作り、収入を得ていくことに不安があったのかもしれません」と芸能プロダクション関係者。

 「キスビーをプロデュースした社長は、IQが高くMENSAのメンバーにもなっています。時流にのって効率よく稼ぐことでは学生の頃から天才でした。そういう厳しい社長の下で、取締役アイドルとして才能を伸ばすかと期待されたのですが…」(芸能プロダクション関係者)

関連ニュース

アクセスランキング