山口達也が酒気帯び逮捕 飲酒を解禁したのはこの1年の間か - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

山口達也が酒気帯び逮捕 飲酒を解禁したのはこの1年の間か

 元TOKIOの山口達也容疑者(48)が22日午前、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕された。東京・練馬区の交差点で山口容疑者が運転するバイクが信号待ちをしている車に後ろから追突。山口容疑者もお酒を飲んでバイクを運転し、事故を起こしたことを認めているという。

 山口は2018年2月に女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、同年5月にジャニーズ事務所を契約解除になっている。事件後、山口はアルコール依存症、躁鬱病(双極性障害)の疑いがあると報じられた。入院していたのは、その治療のためだったという。

 『女性セブン』は、2019年5月にリハビリ中の山口の姿をキャッチしている。駅から自宅までの短時間のウオーキング中にも足元がふらつき、途中で座り込む場面もあった。同年8月には事務所退所後「最初で最後」という単独ロングインタビューに答え、そこで病状について以下のように明かしていた。

 「だいぶ回復しています。この前、『女性セブン』には“フラフラでウオーキング”と書かれましたが、今はあんな状態ではありません。通院も数か月に1回程度ですし、診察といっても医師に話を聞いてもらう程度です」

 そして収入面について話が及ぶと、「今はお酒のいらない生活をしていますし、誰かと遊ぶこともありません。会話をする人が家族と病院の先生ぐらいなので。限られたコミュニティーでしか生活していないから、最低限の食費でやっていけています」と語った。

 当時「お酒のいらない生活」を続けていたという山口だが、それから1年後に、酒気帯び運転の疑いで逮捕されることになるとは、思ってもいなかっただろう。この1年の間に、飲酒を解禁することになったようだ。

 山口の退所後、TOKIOにも大きな変化があった。2020年7月には、長瀬智也が来年3月末に事務所を退所することを発表し、残りの3人のメンバーがジャニーズグループの関連会社として「株式会社TOKIO」を設立することになった。その際、松岡昌宏は山口のことに触れ、「彼も彼なりに一生懸命頑張っていくと言っていました。今は何を頑張ればいいか具体的に彼自身が決めることですけども、彼はとっても元気にしています」とその近況を明かしていた。

 そんな矢先の山口の逮捕--。TOKIOのメンバーも残念に思っているに違いない。

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング

×