守屋浩さん死去、81歳 「僕は泣いちっち」ヒット - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

守屋浩さん死去、81歳 「僕は泣いちっち」ヒット

 『僕は泣いちっち』などのヒット曲で知られる歌手、守屋浩(もりや・ひろし、本名・守屋邦彦=くにひこ)さんが19日、静岡県内の施設で前立腺がんのため死去した。81歳だった。この2年ほど闘病を続けていたという。

 守屋さんは1958年、ロカビリーバンドのボーカルとして日劇ウエスタンカーニバルでデビュー。59年にはソロデビューし、60年に大手芸能事務所ホリプロの第1号タレントとなった。

 井上ひろし、水原弘とともに“三人ひろし”と呼ばれて一世を風靡(ふうび)。『僕は泣いちっち』『有難や節』『大学かぞえうた』などのヒットを連発した。60年からNHK紅白歌合戦に4年連続で出場した。

 76年に引退してホリプロに入社。スカウト担当として、「ホリプロタレントスカウトキャラバン」を発案し、榊原郁恵(61)や堀ちえみ(53)らを発掘した。

 90年代以降は芸能活動を再開し、懐メロ番組や歌のステージにも出演するようになっていた。

アクセスランキング

×