梨元勝さん 大物スターも一目置いた取材力と行動力 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

梨元勝さん 大物スターも一目置いた取材力と行動力

 圧力を跳ね除け、微塵も忖度しない。事務所の大小に関係なく、スキャンダルを報道する姿勢を目の当たりにした芸能人の間では、「梨元に言いつけるぞ!」という言葉が流行した。

 梨元勝さんがレポーターに転身した1976年、歌手の克美茂が殺人事件を起こす。他局が本人を追い掛ける中、梨元は被害者の実家を直撃。部屋に招き入れられると、母親が仏壇の前で悲哀を語る傍らで、父親は台所のテーブルで出刃包丁を叩きつけた。戦慄的な映像は大きな話題を呼び、梨元勝は日本中にその名を轟かせた。

 「恐縮です!」の代名詞で知られた突撃レポーターの先駆者は、我先に現場に向かった。会見には2時間前に到着し、タレントに最も近い場所を確保した。岡田有希子が飛び降り自殺を図った時も現場に一番乗りし、事務所内に入り込んで専務にいち早くマイクを向けた。同時期に芸能レポーターとして活躍した前田忠明氏が語る。

 「各局も続々と押し寄せたので、相澤秀禎社長が経緯を話してくれた。あの頃は現場に何社も集まるから、自然と会見せざるを得ない状況になった。その中で梨元はよく一番乗りしていたよ」

 スクープを追い求める執着心に、大物スターも一目置いていた。勝新太郎がホノルル空港でコカインと大麻所持で逮捕された時、各社が勝との接触に腐心する中、梨元は一緒にゴルフをするほど食い込み、独占で肉声を伝えた。暴行事件を起こした木村一八が少年院から出所すると知ると、すぐに父親の横山やすしを訪ねた。1986年から約8年にわたり、梨元の事務所で行動を共にした井上公造氏が語る。

 「ゴルフに行くために梨元さんと首都高を走っていたら、情報が入ってきた。すぐに大阪の自宅に飛んだら、『梨元、一等賞や。おまえだけに話す』と心を開いてくれた。他のマスコミにバレないように数日間ホテルに泊まってもらい、生放送に一八さんと2人で出てくれました」

 情報を嗅ぎつける能力も一級品だった。ライバルだった前田氏が思い起こす。

 「1998年、離婚直前のマリアンがハワイに滞在していると聞いて、俺が飛行機に乗った。そしたら、どこから聞きつけたのか、30分後の便で梨元が追い掛けてきたんですよ(笑い)。俺は空港に着くなりホテルを取って、独占インタビューに成功した。代わりに梨元は夫を取材した。常に独自ネタを求める男でしたね」

 梨元は自分のスクープに局の上層部から横槍が入るたびにテレビ局を移った。1988年、梨本の誘いで『週刊女性』から芸能レポーターへ転身した石川敏男氏が明かす。

 「快く思わない事務所やタレントは大勢いた。でも、自分の主義主張は決して崩さない。彼が芸能レポーターのスタイルを作ったし、他の人は何をしても亜流なんです。それくらいの男でした」

 癖はあまりにも強かった。だが、梨元さんは一本筋の通った男の中の男だった。(文中一部敬称略)

 ●梨元勝/なしもと・まさる/1944年生まれ、東京都出身。法政大学社会学部卒業後、1968年に女性週刊誌『ヤングレディ』の記者に。1975年末に『アフタヌーンショー』(NET系、現テレビ朝日系)の芸能特集にゲストとして呼ばれる。翌年、同番組のレギュラーに。日本初の“芸能レポーター”として、突撃スタイルを確立。前田忠明と犬猿の仲も噂されたが、梨元が「仲悪いことにした方が面白い」と前田に提案したというのが真相。2010年8月21日、肺がんのため死去。享年65。

 ※週刊ポスト2020年10月2日号

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング

×