竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

 押しも押されもせぬトップ女優、竹内結子さんの急死に日本中が衝撃を受けている。今年はコロナ禍という特殊な状況のなかで、SNSで誹謗(ひぼう)中傷された女子プロレスラーの木村花さん(享年22)のほか、俳優の三浦春馬さん(享年30)、女優の芦名星さん(享年36)、俳優の藤木孝さん(享年80)ら著名人の自殺とみられる死も相次いだ。どのような原因や背景が考えられるのか。精神科医ら専門家に話を聞いた。

 竹内さんは自宅マンションの寝室で首をつった状態で発見された。ヒガノクリニックの院長で精神科医の日向野春総氏は、「飛び降り自殺の場合、精神的に追い込まれた対象に近い建物などから飛び降りるケースが多く、攻撃性をはらんでいる。一方、首つり自殺はさまざまな要因に追い込まれ、精神的に行き詰まったことを申し訳ないと思う心理も働くことが多い。鬱状態の患者にも多くみられる」と分析する。

 遺書は見つかっていないとされているが、日向野氏は「衝動的に自殺に至った可能性もある」と語る。

 今年はコロナ禍で全国的に営業自粛や在宅生活を余儀なくされたが、芸能界も撮影の休止や舞台の中止、延期などに追い込まれた。竹内さんは1月に第2子を出産したばかりだった。

 東京未来大学の出口保行教授(犯罪心理学)は「コロナ禍という状況では誰もが強いストレスを受け、抑鬱的な気分に陥りやすい。育児も大変な労力を伴い、決して無縁とはいえないだろう」と話す。

 直近に竹内さんと共演作品のある三浦さんら芸能人が相次いで自殺している。

 出口氏は「知人や友人の自殺は誘因刺激ともなりやすい。三浦さんの自殺に関連した報道などから影響を受けたことも考えられる。要因は複合的と考えられるが、首つりは苦しむ時間も長く、覚悟のうえで行われたものと考えられる」と指摘した。

 厚生労働省のホームページで紹介している主な悩み相談窓口は次の通り。

▽いのちの電話

(0570)783556(午前10時~午後10時)

(0120)783556(午後4時~午後9時、毎月10日は午前8時~翌日午前8時)

▽こころの健康相談統一ダイヤル

(0570)064556(対応の曜日・時間は都道府県により異なる)

▽よりそいホットライン

(0120)279338(24時間対応)

 岩手、宮城、福島各県からは(0120)279226(24時間対応)

関連ニュース

アクセスランキング

×