麻田奈美、高岡早紀、柴田倫世… 記憶に残る美バストの系譜 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

麻田奈美、高岡早紀、柴田倫世… 記憶に残る美バストの系譜

 世の人々を魅了し続けてきたグラビアアイドルや女優たち。その美しいバストの歴史をアダルトメディア研究家の安田理央氏が振り返る。

 * * *

 1970年代に日本中の若者に美乳の魅力を知らしめたのは麻田奈美、そしてアグネス・ラムだった。実は1960年代後半からの世界的なウーマンリブの台頭と「巨乳の女性は頭が悪い」という米学者が発表した説の影響で、当時は大きな胸に対するイメージは悪かった。そのため、この頃のアイドルは細身が必須であり、胸が大きければサラシで巻いて、そのボリュームを隠していた。

 そんな中で、股間をリンゴだけで隠したヌード写真で大ブレイクした麻田奈美と、ハワイ出身のアグネス・ラムは、その健康的で豊満な肉体で、熱狂的な人気を集めた。そして70年代半ばには、当時大学一年生だったかたせ梨乃がデビューする。女優としての印象の強いかたせだが、デビュー時はCMタレントであり、そのCMは豊かな胸を強調したものばかりだった。

 3人とも求められたのはビジュアルに限られていた。1970年代には大きな胸の女性は、一段下に見られる扱いをされていたのだ。しかし70年代後半になると、榊原郁恵や宮崎美子なども登場し、グラマラスな肉体への人気は、より高まっていく。

 1980年には河合奈保子がデビュー。その豊かな美乳に注目が集まったが本人はそれを指摘されることをひどく嫌ったという。

 そして1983年、堀江しのぶが登場。グラビアを中心にビキニ姿を披露しまくり、現在のグラビアアイドルのスタイルの原型となる。残念ながら23歳という若さで急逝してしまうが、彼女を売り出したプロダクション、イエローキャブはその路線を確立させ、かとうれいこ、細川ふみえ、そして雛形あきこを送り出す。ちょうど雑誌がグラビアに力を入れていた時期であり、彼女たちのビキニ姿が各誌の表紙や巻頭を飾ることとなった。

 1990年代はヘアヌードの時代でもあった。多くの女優が競うようにヌード写真集を発表し裸身を晒した。西川峰子、広田玲央名、武田久美子、石原真理子、川島なお美、杉本彩、石田えり、といった女優がヘアと共にその美乳を見せてくれた。

 中でも当時22歳の高岡早紀の推定Gカップ以上と思われるボリュームと見事なフォルムの美巨乳は強烈なインパクトがあった。大きく美しい乳房は、男性だけではなく女性にも魅力的に感じられるようになっていた。

 2000年代に入り、グラビアアイドルの巨乳度競争は激化していたが、バスト100センチ超えの根本はるみの出現あたりで、落ち着きを見せる。すると今度は、一般的な女優やタレントでの巨乳探しが始まった。それまであまり語られなかった女子アナの胸にまで注目が集まる。柴田倫世がロケット乳として話題となったり、古瀬絵理の爆乳がスイカップと名付けられたりもした。

 グラビアアイドルやアイドルから転身した女優の中には、美巨乳の持ち主が多い。例えば、綾瀬はるかや上戸彩、最近では吉岡里帆がその代表だと言えるだろう。かつては水着グラビアなどでその美巨乳を楽しませてくれたが、さすがに近年は露骨に見せることは少ない。それでも着衣の上からも、そのふくらみの魅力は隠しきれない。

 現代では、大きな胸を持つ女性は少なくない。しかし、本稿で取り上げた女性たちは大きく美しい“美巨乳”を持つからこそ歴史を変えてきた。ただの巨乳ではなく美巨乳はこれからも人々の記憶に残りつづけるだろう。

 ※週刊ポスト2020年10月2日号

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング

×