氷室京介のアクセサリー盗難 大阪の展覧会場、男が持ち去る姿 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

氷室京介のアクセサリー盗難 大阪の展覧会場、男が持ち去る姿

 1980年代に活躍したロックバンド「BOOWY(ボウイ)」でボーカルを務めた氷室京介のアクセサリー2点が、大阪市北区で9~10月に開かれた展覧会の会場から盗まれていたことが12日までに分かった。主催した読売新聞大阪本社によると、男が持ち去る様子が会場の防犯カメラに写っており、同社は曽根崎署に被害届を提出。同署が窃盗事件として捜査している。

 盗まれたのは、氷室がライブで実際に身に着けていたロザリオとチョーカー。9月5日~10月10日の会期で、グランフロント大阪で催された「氷室京介展LX-揺るぎなき美学と挑戦-」で展示されていたが、9月18日になくなっていることに警備員が気付いた。防犯カメラには、17日昼に男がマネキンから外す様子が写っていた。どちらも特製のアクセサリーだった。

 読売新聞大阪本社は、被害から2カ月近くが経過し、広く情報を集める必要があるとして、この時期に公表した。氷室の所属事務所は「解決につながる情報には謝礼を提供する」としている。

アクセスランキング

×