【テレビ用語の基礎知識】「番組終了」 高額ギャラの大物切りで経費削減、コロナ禍契機にテレビ改革を - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

「番組終了」 高額ギャラの大物切りで経費削減、コロナ禍契機にテレビ改革を

 長寿番組や人気番組の終了のニュースをよく耳にしますね。去年は、「大物MCの降板」のニュースが多かったですけど、いよいよMCにとどまらず、番組自体の終了が増えてきました。

 コロナ禍での業績悪化が主な原因でしょう。制作費削減のためギャラが高額な大物芸能人の番組が多く終了する感じですね。大物を切る場合には、例えば帯番組が終了する代わりに単発番組を用意するなど「代替番組」を用意するのが通例でしたが、今回は容赦なくスパッと切る感じも多そうです。

 もうひとつ特筆すべき点としては、視聴率が悪くなくても終了する番組が多いこと。それだけ業績悪化が深刻で、一刻も早い経費削減をしなければ局が持たないのもありますが、「世帯視聴率から個人視聴率に基準が変わったので、若い人が見る番組以外の価値が急激に下がった」ことも大きな理由でしょうね。大物芸能人が出ていても、お年寄りしか見ないのでは収益につながらないからダメという事になったのだと思います。

 だからお笑いで言えば「第7世代」とか、若い出演者を積極的に起用することが増えました。若い出演者を起用して媚びたからといって、若者がテレビを見るようになるの? という問題はあると思いますが、いい流れだとは思います。ギャラだけやたら高くて威張っているくせに、古臭くて面白くない大物を起用し続けている限りテレビは面白くないですから。

 コロナ禍を契機にテレビも若返って改革を進めるべきです。引退をほのめかしたり、やる気を失いかけたりしている大物芸能人が出始めているのも、きっとこの時期に自らのあり方を深く考えたからなんでしょうね。潔く身を引くのも素晴らしい決断だと思います。

 もっとも、大物がすべてつまらないわけじゃありません。

 どういう人が引退すべきなのか、というと、「置きにいく」ようになったら終わりだと思っています。「置きにいく」とは、四球や死球を恐れてストライクゾーンに力の無い球を放る野球中継の解説用語から転じた言葉です。最近は“旬”を重んじるお笑いタレントもよく使いますね。

 これは私自身、ひとつの番組を長く制作していて感じました。番組に慣れてしまい、「置きにいってもなんとなく形になってしまう」と思ったとき、身を引くべきなんです。リスクをとって冒険しなきゃテレビは面白くない。

 大物でもオワコンになるし、あれ、ひょっとしたらテレビ自体が「置きにいく番組」ばかりでオワコンになったんじゃないでしょうか。

 ■鎮目博道(しずめ・ひろみち) テレビプロデューサー。上智大学文学部新聞学科非常勤講師。1992年テレビ朝日入社。社会部記者や、スーパーJチャンネル、報道ステーションなどのディレクターを経てプロデューサーに。ABEMAの立ち上げに参画。「AbemaPrime」、「Wの悲喜劇」などを企画・プロデュース。2019年8月に独立。

関連ニュース

アクセスランキング

×