【アイドルSEXY列伝】アラフィフ世代のアイドルが突如トレンド入り! 榊原郁恵、天下を獲った“笑顔力”はまだ健在 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

アラフィフ世代のアイドルが突如トレンド入り! 榊原郁恵、天下を獲った“笑顔力”はまだ健在

 ツイッターのトレンドをマメに見るようになりました。今、何が巷の話題になっているのかが即座にわかるからです。

 「テレビはオワコンだ!」というネット民は多いのですが、話題の番組はハッシュタグ付きで感想などをつぶやく。

 特に世代的に疎いイマドキのアニメ、声優系の情報、話題などを知るキッカケにもなっております。

 先日は、森七菜様からの二階堂ふみ様。事務所移籍の話題でした。

 同日、突如トレンドに入ってきたのが榊原郁恵様。

 すわ、栃木生まれ、茨城育ちの青春アイドル俳優、渡辺徹氏と! 珊瑚婚式(1987年に結婚されていますので34年目)が目前なのに! 渡辺氏のブログでは夫婦円満な、ほのぼのとした話題が多かったんだけど…と。

 実際は3月7日からスタートするスーパー戦隊シリーズの新作『機界戦隊ゼンカイジャー』(テレビ朝日系)に主人公の祖母役で郁恵様が初出演するという話題でした。

 戦隊モノ第1弾とされる『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975~77年、テレビ朝日系)放送時の小学生(ワタクシは8歳~9歳)が、今やアラフィフ世代。

 郁恵様が祖母というのに違和感はありますが、日曜の午前中にのんびり鑑賞するのもアリだな、と思う次第です。

 当コラムでは何度も郁恵様をアラフィフ世代の目覚めのアイドルとして取り上げております。

 76年、第1回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリ受賞。翌77年に歌手デビュー。

 当時は小学生男子でも購入可能な『月刊明星』(集英社)、『月刊平凡』(現マガジンハウス)といった芸能アイドル誌で水着グラビアがお約束のように掲載されていた時代でした。

 巨乳という言葉すらない時代ですが、それは衝撃でした。同時期にアグネス・ラム様もブームとなるのですが、ラム様が主に掲載されたのはもう少しお兄さんが買うグラビア誌系。

 ゆえに、わずか数年の差ですが、ラム派、郁恵派、そして河合奈保子派(80年デビュー)に目覚めのキッカケが分かれるのではないでしょうか。

 郁恵様のすごいところはデビューから44年間、ず~っと第一線で売れ続けていること。結婚も人気下落にまったく関係ありませんでした。

 また過去に本人のスキャンダルが一切出たことがないという点も稀有(けう)。現在、61歳…というのもかなり驚きですけど。

 天下を獲った笑顔力。まだまだ健在です。(永瀬白虎)

関連ニュース

アクセスランキング

×