土屋太鳳、『今際の国のアリス』で見せた「陰の演技」の凄み (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

土屋太鳳、『今際の国のアリス』で見せた「陰の演技」の凄み (1/2ページ)

 Netflixオリジナルドラマ『今際(いまわ)の国のアリス』が、同配信サービスの世界総合トップ10にランクインするほどの人気を集めている。2020年12月14日にはNetflixが発表するテレビ番組部門のランキングで第5位を獲得。国内の視聴者たちが「ついに日本のドラマが世界で評価される時が来た」と大盛り上がりした。

 同ドラマは、2010~2016年に『週刊少年サンデーS』、『週刊少年サンデー』(小学館)に連載された麻生羽呂(あそう・はろ)による大人気コミックが原作。仲間たちと“今際の国”に迷い込んだ有栖良平=アリスが、女性クライマーのウサギと出逢い、多種多様な“げぇむ”をサヴァイヴしていく様を迫力たっぷりに描いた物語だ。

 あえて仲間を作らず孤独に“げぇむ”に挑む強きヒロイン・ウサギを演じるのは、女優・土屋太鳳(25)。派手なアクションシーンも持ち前の運動神経で見事にこなしている。際どいシーンにも果敢に挑む姿に驚かされた視聴者は多いだろう。作品に対する反響、その熱演ぶりの両面から、『今際の国のアリス』が土屋の新たな代表作となることは間違いない。

 土屋といえば、優等生なイメージで知られている。SNSでは、丁寧な長文で作品への想いをつづったり、〈どの地域も寒さが厳しくなる季節なのでどうか首元など室内でも保温して暖かくして過ごしてくださいね〉(12月23日のInstagram投稿より)のようにファンの体調を気遣ったりしている。そんな彼女自身の人柄によるものか、明るい王道ヒロインに起用されることは多い。

 一方で、彼女は前述のウサギのような、陰のあるキャラクターにも対応してみせる。陰と陽、なぜ土屋は両極端な役柄を表現することができるのか? 映画ライターの磯部正和氏の分析はこうだ。

 「土屋さんと言えば、NHK連続テレビ小説『まれ』(2015)で主役の座を射止めたあとは、青春映画のキラキラしたヒロインを務めることが多く、明るく元気、健気で真面目なパブリックイメージがあると思います。実際、インタビュー等でどんな質問に対しても誠実に答える姿は、彼女の本来持つ特性だと思います。

 こうした本来の性格を活かした役柄も溌剌として良いのですが、パブリックイメージとは逆の、陰を含むキャラクターを演じたときに女優としての魅力が増すように感じられます。

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング

×