加藤浩次「粛清されたら」発言の狡猾さ 特番で古巣を挑発…吉本芸人多数出演「ラヴィット!」警戒も - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

加藤浩次「粛清されたら」発言の狡猾さ 特番で古巣を挑発…吉本芸人多数出演「ラヴィット!」警戒も

 3月いっぱいで吉本興業との専属エージェント契約を終えたお笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)。今月4日、日本テレビ系で放送された『日テレ系人気番組 春のコラボSP!』に出演したが、地元・北海道に帰る条件を問われ「粛清されたら」と発言し、古巣を挑発した。

 日テレの人気番組のMCがコラボする特番に『スッキリ』を代表して出演した加藤。当然のように吉本芸人と共演することになるが、東野幸治(53)やフットボールアワーの後藤輝基(46)に「僕はからんでも大丈夫ですか」と先制パンチをかました。

 その後、話題が加藤の地元・北海道に移ったことで、東野から「最終的には北海道に帰るの?」と問われると、加藤は「粛清されたらありますよ」と声を一段を張り上げて答えたのだ。

 「東野は『そういうのって、ないから』と笑いながら返していましたが、吉本のほうからエージェント契約を解除されたとあって、業界内でも加藤の処遇が注目されているのは確かです」と芸能事務所のベテランマネジャー。

 加藤自身、そうした話題がネットをにぎわしていることを踏まえて、ラジオ番組で「粛清なんてあるのか」と言及したこともあった。

 「特番でも“粛清”に言及し、それが放送されたことは、加藤の狙い通りでしょう。加藤が早々に『スッキリ』から外されるようなことがあれば、“それ見たことか”ということになる。簡単には足下をすくわれないように、くぎを刺したようなものです」と先のベテランマネジャーは指摘する。

 加藤がそこまで警戒するのにはわけがある。この春から『スッキリ』と同じ時間帯にTBS系で始まった『ラヴィット!』に吉本芸人がこぞって出演しているからだ。

 「このため、MCを務める麒麟の川島明は、吉本が送り込んだ刺客だともささやかれました。加藤も戦々恐々としていたようですが、どうにもこうにも『ラヴィット!』が不発なので胸をなで下ろしているそうです。数字(視聴率)で負けたら、言い訳できない。それこそクビですからね。逆に“粛清”発言で攻めに転じたともいえるでしょう」と民放関係者は話す。

 駆け引きは続く。

関連ニュース

アクセスランキング

×