【アイドルSEXY列伝】後藤理沙 「ポカリCM」出身の正統派美少女だったが…今や一児の母 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【アイドルSEXY列伝】後藤理沙 「ポカリCM」出身の正統派美少女だったが…今や一児の母

 先週、ツイッターのトレンドに突然入った『ポカリCM』。大塚製薬のポカリスエットの新CM「でも君が見えた」篇がネット上で話題に。

 新ヒロインは中島セナ様、15歳。4年前からモデルを始め、すでに女優デビューもされているようです。

 CMを初見したときは「これはオールCG(コンピューターグラフィック)かな」と思ったのですが、なんとその多くが実写撮影。

 撮影の舞台裏も動画公開されており、巨大なセットの床が波打ち、実際に風が吹き、花びらが舞う。

 そのなかを、ふたりがかりで持ったカメラが、疾走する彼女の背中を追う。

 セット費用や、スタビライザー(カメラのブレを減少させる安定機)はいくらするんだ? と、経費のことばかり考えてしまいました。

 新人女優の登竜門と呼ばれる同CM。森高千里様から始まり、宮沢りえ様、一色紗英様、中山エミリ様、後藤理沙様、鈴木杏様、綾瀬はるか様、川口春奈様、中条あやみ様、八木莉可子様と、たしかにゴージャスな顔ぶれです。

 森高千里様はアーティストですが、現在も、ほとんどがバリバリに現役で女優、タレント活動をされています。

 そんななかで唯一、元女優となってしまったのが後藤理沙様(CM出演は1999年)。

 理沙様を取材したのは彼女が13歳ごろ(96~97年)、ブレーク前だったと記憶しております。

 当時、同じ事務所の広末涼子様が爆売れしており、ポスト広末での強い売り出し。

 こういう逸材をどこで見つけてくるんだ、と思った正統派の美少女でした。黙って立っているだけで絵になってしまうハイレベルな容姿。

 ただし、当時の彼女はあまりにも子供で…。広末涼子様と比べてしまうと、あいさつ、礼儀がまったくできていない。

 そこは事務所が徐々に指導していけばいいことなのですが、“大丈夫かな、このコ”と思ったのも事実です。

 彼女が住んでいるエリアでは、カッコいいの価値観が“不良であること”だそうで…。自身も不良への憧れがある、と堂々というのです。

 実際、すでに言動も振る舞いも私服(ボンタンジャージでした)もかなりトッポイ領域で。“美少女キャラなのに大丈夫なの?”と心配になったことを思い出します。

 持って生まれた資質(容姿)だけでは、芸能界で勝負できる時間は短いものです。その後、引退、復帰、離婚、整形告白、MUTEKIデビューと波乱の芸能生活。

 2015年に再婚され、一児の母になられたようです。

 玉磨かざれば光なし。そんなことを感じたアイドルでした。 (永瀬白虎)

関連ニュース

アクセスランキング

×