心配な言動、華原朋美「お金がすべて」連発 結局、彼女にはトラブルがつきものなのか… - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

心配な言動、華原朋美「お金がすべて」連発 結局、彼女にはトラブルがつきものなのか…

 結局、彼女にはトラブルがつきものなのか。暴行トラブルに巻き込まれた歌手の華原朋美(46)。タクシーで男に追われているともめ、男が逮捕されるという騒ぎになったのだ。トラブルでしか注目されないのは悲しいところだ。

 16日午前、タクシーに乗っていた華原が、男の乗った別のタクシーが後をついてくることに気付き、停車して抗議。その際に暴行を受けたという。男は雑誌関係者といい、取材中にトラブルになったとみられる。華原は17日、SNSでストーカー被害に遭っていたと主張している。

 「華原は1日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演しましたが、かつての面影がないほどウエートを増していました。もともと精神的にムラのある人なので心配されていました」と女性誌編集者。

 華原といえば、1995年に作曲家、小室哲哉氏(62)の楽曲でデビューし、ミリオンセラーを連発。しかし、小室氏との交際・破局をめぐって次第に奇行も連発していた。

 その後、2019年には一般男性との間に男児をもうけ、子育てをしながら仕事を続けていたが、相変わらずのトラブル続きなのだ。

 「長年所属していた事務所から事実上の解雇といえる形で退社した後、YouTubeに公式チャンネルを開設しましたが、そこでもやはり精神面の不安定さを露呈しています」と先の女性誌編集者は指摘する。

 昨年は、親交のあったバイオリニストの高嶋ちさ子(52)から紹介されたベビーシッターをめぐり写真週刊誌に子供を虐待されたと告発。しかし、間もなく華原は号泣して謝罪する動画をアップしたのだった。

 「その前日の投稿がアイドル然とした衣装でポジティブな様子だっただけに、ギャップに唖然(あぜん)としましたね。所属事務所から離れたせいでしょうか、YouTubeでは妙な“太眉メーク”で登場するなど歯止めがきかない印象を受けていましたが、ここに極まれりという感じでした。それまで高嶋さんも相当、華原の面倒をみていたそうですが、このトラブルを機に疎遠になったそうです」(女性誌編集者)

 そんな華原だが『アウト×デラックス』では気になる発言も。

 「何を達観したのか、『お金がすべて』と連発しました。結局、人間不信のまま、歯車がかみ合わず、彼女の周りからはどんどん人が離れています。ネット上でも心配する声が絶えません」とスポーツ紙記者も懸念を隠さない。

 朋ちゃんはどこへ向かうのだろうか。

関連ニュース

アクセスランキング

×