【芸能ニュース舞台裏】古巣・吉本が宮迫を許せないあの時の所業…“ウソ”で赤っ恥をかかされた経営陣 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

古巣・吉本が宮迫を許せないあの時の所業…“ウソ”で赤っ恥をかかされた経営陣

 お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(51)が、古巣の吉本興業からNGを突き付けられたというニュース。

 「自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』に、吉本芸人を直にブッキングしていたと報じられましたが、宮迫はマネジャーを通していたと説明し、“闇営業”との報道を否定しました。宮迫としては、コラボをもちかけられることもあったとしています」と芸能リポーター。

 今年2月、『FRIDAY』に直撃された大崎洋会長(67)に「もう戻らんでええ」と切り捨てられた宮迫。なぜこれほど古巣に嫌われてしまったのか。

 前出・芸能リポーターが核心に触れる。

 「2019年に闇営業問題が発覚した際、宮迫は会社の事情聴取に、ギャラをもらっていない、反社の集まりとは知らずに参加したと回答し、それを信じた経営陣がテレビ局に頭を下げて番組の継続を懇願したんです。直後にそれがまったくの嘘だったとバレ、経営陣は赤っ恥をかかされました。吉本が宮迫を許さないのは、そのためです」

 嘘をついたこと、口裏合わせの工作をしたその場しのぎの代償を、今も宮迫は払い続けている。(業界ウォッチャーX)

関連ニュース

アクセスランキング

×