【テリー伊藤 狸の皮算用】西郷輝彦がん告白、石田純一不倫持論編 中高年ユーチューバーに刺激、やり方次第で可能性は広がりそう - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

西郷輝彦がん告白、石田純一不倫持論編 中高年ユーチューバーに刺激、やり方次第で可能性は広がりそう

 西郷輝彦さんがオーストラリア・シドニーでがんの最先端治療を受けている。日本では未承認の治療法だという。74歳、去勢抵抗性前立腺がんで進行度はステージ4。

 西郷さんは2011年に前立腺がんを摘出、17年に再発して放射線と抗がん剤による治療を受けていた。

 2年前にアサヒ芸能の対談で会ったとき、ロマンスグレーの髪で声も落ち着いていて、一流会社の重役みたいな雰囲気だった。当時はドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)に大手会社の社長役で出演していた。いい形の年の取り方をしているなと思ったものだ。

 橋幸夫さん、舟木一夫さんとともに「御三家」と呼ばれ、歌謡界が最も華やかな時代を疾走。その後も「どてらい男」(フジ系)、「江戸を斬る」(TBS系)などに主演し、時代時代で当たり役を持っていた。私たち団塊世代にとってはカッコいいスーパースターだ。

 そのスーパースターがYouTubeチャンネルを開設して、「がんで悩んでいる人に、まずは私がこの体で体験して伝えていきたい」と治療の様子や経過を現地からリポートする。そして、「まだやりたいことがたくさんある。もう少しだけ好きな仕事をさせてほしい」と語る。こういう姿にムチャクチャ励まされるね。

 YouTubeって若い人たちのモノだと思われがちだが、中高年だってやり方次第で可能性はいろいろ広がりそうだ。

 67歳の石田純一さんも自身のYouTube「ナンデモお悩み相談所」で、不倫についての持論を説いていた。視聴者の「不倫をする男を許せる女性がいるのが不思議です」という投稿に対し、「僕は相手が不倫しても許せると思います。自分に何か足りないことがあったのかなって。残念だし、悔しいかもしれないですけど。相手がそれなりの理由というか、縁とか偶然があったのかなと思いますね」と回答。非難覚悟で生き方を見せる石田さんからも刺激を受けた。

 不倫というと、新宿歌舞伎町のホテル密会が報じられた映画コメンテーターの有村昆ちゃんとは仲が良くて、彼のYouTubeチャンネルで映画に登場する名車について語り合ったこともある。女性をラブホに誘ってフラれたというだけで、仕事をすべて自粛する必要はあるんだろうか。

 それこそ自身のYouTubeで「いや~、44歳になって、美女を口説いて玉砕しちゃいました。バカですねえ」とかやって、視聴者から「お前、その顔で言うな」などとボコボコにされればいいだけの話。

 こんなこと言うと、また炎上するかな。それも私なりの人生観。中高年の皆さんも生き方を見せるYouTubeに挑戦してはどうですか。私もやってます。

関連ニュース

アクセスランキング

×