星野、有吉、岡村も ラジオ局での結婚報告は新スタイルとして定着か - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

星野、有吉、岡村も ラジオ局での結婚報告は新スタイルとして定着か

 5月25日深夜、星野源(40才)が、レギュラーを務めるニッポン放送のラジオ番組の放送前、新垣結衣(32才)との結婚を報告した。車を降りた星野は、つめかた50人以上の報道陣を前に、「お忙しい中、来ていただきありがとうございます。すみません、ありがとうございます。うわー、こんな(報道陣の)数は、見たことないです」と笑顔で語った。

 プロポーズの言葉についても、「とても普通です。あの『結婚してください』という言葉でした」と照れながら明かした。

 星野が“会見”をした場所は、ニッポン放送の駐車場だった。

 「途中でスタッフから“終了”の声が上がりましたが、それでも誠実に話を続けた星野さんの姿に好感を覚える取材陣が多かったですね」(スポーツ紙芸能担当記者)

 最近、ラジオ局への“入り”や“出”のタイミングで結婚報告する芸能人が増えている。

 4月、夏目三久(36才)との結婚を発表した有吉弘行(46才)が、レギュラーのラジオ番組の放送前、FM東京前で取材陣に対応。「おめでとうございます」と呼びかける記者に、「ありがとうございます。幸せです」と微笑みながらコメント。普段の毒舌キャラとは真逆の対応に、報道陣からは驚きの声が上がった。

 昨年10月には、岡村隆史(50才)が、星野と同じニッポン放送の駐車場で“結婚報告”。ラジオの放送を終えたばかりの岡村は花束を手にしたまま、「まだ緊張しています。実感はないです」と照れながらも幸せいっぱいの様子だった。

 結婚した話題の芸能人が相次いでラジオ局の前で対応。いったいなぜか? それは、こうしたスタイルがタレント側にもメリットあるからだという。

 「ラジオ局での放送前後で対応すれば、会見や囲み取材と違って、短時間で終えることができます。会見だと根掘り葉掘り聞かれますから、聞かれたくない質問もあるでしょうからね。その点、このスタイルなら、ひと言、ふた事で済ませることもできますし、自分のペースでしゃべることができます。

 それにFAXやホームページでの報告よりも、関係者やファンに“自ら報告した”という形になり、印象がすごくいいですから」(前出・スポーツ紙芸能担当記者)

 今後、このスタイルは定着するのだろうか?

 「芸能人の結婚報告の新しい形になる可能性はあります。もちろん、ラジオのレギュラーを持っているということが前提になりますが、コロナ禍もありそもそも会見を開くこと自体を控えようというムードもありますから、そうしたなかで、短時間で、しかも、タレントと取材陣が距離をとって“外”でできるこのスタイルは“新しい会見様式”と言えるかもしれません。

 ワイドショーなどで放送するテレビ局にとっても、時間が1、2分だったとしても、FAX一枚で済まされてしまうのと違って、映像素材がある方がありがたい。タレント側、取材陣お互いにとっていい形と言えるかもしれません」(テレビ局関係者)

 この次、ラジオ局の前で結婚報告するのはいったい誰か--。

NEWSポストセブン

関連ニュース

関連ニュース

アクセスランキング

×