東出昌大に教えたい「夫婦の正しい別れ方」 養育費問題でドケチイメージも…価値を損ねない関係を維持する明石家さんま&大竹しのぶ - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

東出昌大に教えたい「夫婦の正しい別れ方」 養育費問題でドケチイメージも…価値を損ねない関係を維持する明石家さんま&大竹しのぶ

 今週、芸能ニュースになった2組の元夫婦がいる。俳優の東出昌大(33)・女優の杏(35)と、タレントの明石家さんま(65)・女優の大竹しのぶ(63)。同業者と結婚すると、別れた後も仕事場で出会うこともある。

 「何が何でも元夫、元妻と会わないようにと、くぎを刺されるケースもあります。東出さんと杏さんはまさにそう」(テレビ番組制作ディレクター)

 東出の不倫が原因で昨年7月に離婚が成立。3人の子供の親権は杏が持った。「今週、『女性セブン』が報じましたが、東出が支払う養育費が子供1人当たり月1万円で総額3万円…。いくら何でもと思いますが、東出は十分に支払ったとの思いがあるようです」と映画関係者は声を潜める。

 「東出の言い分は、夫婦になってからの共有財産の分与も求めなかった。夫婦で1億円ずつ出し合って購入した自宅の権利も手放した。実質的に慰謝料を支払った感覚です。養育費は、東出に子供への思いを忘れないでほしい、という杏の思いから決めたそうです。そのため杏は、金額も東出に任せたそうです」

 で、養育費月1万円を提示したという東出は価値の下落が止まらない。

 東出が好きな落語の世界に「六日知らず」という言葉がある。ものを数えるとき、1、2、3と指を折り、5でグーになった後、6本目は立てない。一度握った手を開かないドケチが「六日知らず」だ。東出にはドケチイメージが張り付いた。

 そんな夫婦がいる一方、今週、アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』(6月11日公開、渡辺歩監督)の完成披露報告会に登場したさんまと大竹は互いの価値を損ねない関係を維持している。

 「バラエティー番組でもたびたび共演していますし、お互いに離婚をネタにできることが円満離婚だった証拠。当時、さんまが大竹の望む財産をすべて渡したことがよかった。娘でタレントのIMALU(31)との関係も良好で、つくづく別れ方って大切だなって考えさせられますね」(女性誌記者)

 円満離婚の秘訣(ひけつ)を「切れ目をちゃんとすること」と指摘するのは芸能リポーター。「ケチってはいけないところをケチると、後でしっぺ返しが来る」

 それが東出の今。若い女優に入れあげた揚げ句、幼子3人を残し離婚し、養育費の支払いを渋っている。さて浮上の一手はあるのか。

関連ニュース

アクセスランキング

×