グラビア業界「セクハラ事情」 熊田曜子発言で波紋…現在は“パパ活”斡旋が横行 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

グラビア業界「セクハラ事情」 熊田曜子発言で波紋…現在は“パパ活”斡旋が横行

 自身への暴行容疑で逮捕された夫との離婚を決意するなど何かと話題のタレント、熊田曜子(39)。先日、タレント、勝俣州和(56)のYouTubeチャンネル「勝俣かっちゃんねる」では、DVDのロケ先で業界人に口説かれた過去を暴露した。果たしてセクハラは横行しているのか。DVD制作現場の裏を追った。

 動画内で熊田が明かしたセクハラの実態はこうだ。DVD制作会社の幹部が、撮影と夕食の間に熊田が宿泊したホテルの部屋にプレゼントを届けにきて、「チューしてくれる?」と口説いたという。そのメーカーはつぶれたとも。グラビア業界関係者はこう語る。

 「今だから笑い話のように話されていますが、当時は嫌な思いをされたことでしょう。セクハラ大魔神のような社長や幹部がいるDVDメーカーは実在しました。おそらく熊田さんにアプローチしたX氏は同時期に、別のグラドルにも近づいていました。『俺にほれているよ』なんて勘違い発言を周囲にしていましたから、この方も随分迷惑に思ったことでしょう。そのメーカーは、モデルへのセクハラ行為で悪評が広まり、破滅へのエスカレーターに乗ってしまいました。人気モデルのキャスティングに困り、経営が悪化、支払いも滞る自転車操業状態になりました」

 しかし、撮影現場でグラビアモデルを口説く業界人は、レアなケースではないという。

 「『○○ちゃんは僕のもの』など自己陶酔したセクハラトークでホストのように口説くカメラマンから、アシスタントをモデルの目前でボコボコにしてモデルを威圧して隷属させるオラオラ系巨匠まで、口説き方も千差万別です」と話すのは出版関係者。

 こう続ける。

 「押しに弱かったり、マクラ営業的なゆがんだ上昇志向があったりする娘は、カメラマンやプロデューサーに夜も奉仕していました。そこに目をつけた悪いプロダクション関係者の中には、ハニートラップを仕掛けて、セクハラ、レイプなどの告発をほのめかした揚げ句、カメラマンやクライアントを隷属させる美人局的な連中も。まさに魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)していましたよ」

 時が流れ、業界の健全化も進んでいると思いきや、DVD市況の低迷で新たなセクハラ問題も出ているという。

 「全盛期の10分の1以下のマーケット規模になってしまっているので、出演料も安くなりました。それで、“パパ活”プロデューサーを兼務する撮影関係者もいます。グラビアモデルの愛人がほしい金持ちに、女の子を紹介して副収入にしているんですから、困ったものです」

 事件が起きないことを祈るばかりだ。

関連ニュース

アクセスランキング

×