【シネマパラダイス】子供の成長が丁寧に描かれた、小川紗良の初の長編作品「海辺の金魚」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

子供の成長が丁寧に描かれた、小川紗良の初の長編作品「海辺の金魚」

 NHK連続テレビ小説『まんぷく』や、主演映画『ビューティフルドリーマー』など、俳優活動の傍ら、是枝裕和監督に師事し、自主映画を撮り続けてきた小川紗良の初の長編作品。

 児童養護施設で育った花(小川未祐)は18歳となり、施設で暮らせる最後の夏を迎えた。今後の人生をどうするか悩んでいる中、8歳の晴海が施設に来た。なかなか周囲になじまない晴海にかつての自分を重ね合わせた花は、彼女と多くの時間を過ごすように。そのうち、これまで抱くことのなかった感情が晴海に芽生え始め…。

 子供の成長が丁寧に描かれた、若さならではの感性が光る作品。25日公開。上映時間1時間16分。

 【ホンネ】すべての出来事に白黒はっきりつけず、もやっと包みながら、子供たちの言葉にできない思いを丁寧に拾っていく。だからこそ後からじんわり響き、子育てについて考えさせられる。

  ★★★(映画評論家・安保有希子)

 ★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース

アクセスランキング

×