「目が覚めた」小林麻耶が整体師の夫と離婚へ すでに別居、協議も開始 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

「目が覚めた」小林麻耶が整体師の夫と離婚へ すでに別居、協議も開始 (1/2ページ)

 小林麻耶(41才)の結婚生活が重大局面を迎えている。2018年に整体師の國光吟氏(37才)と結婚した麻耶が、離婚に向けて協議を始めたことがわかった。

 麻耶が國光氏と別居して、4か月が過ぎようとしている。別居を始めたばかりだった今年の3月、麻耶は『女性セブン』の取材に、別々に住んでいると明かしたものの離婚に関しては「ありません」と涙ながらに否定していた。

 当時の麻耶は、別居が一時的なものなのか、別の方向に向かうきっかけなのか、自分でもわかっていなかったのかもしれない。それだけ、彼女の中に國光氏の存在が浸透していたということだろう。

 その國光氏は6月8日、自身のブログに《人は日々変化するので、それに伴い環境を整えていくことが大切だと感じました!》と、意味深に記している。麻耶は周囲のサポートのもと、自分の意思で答えを出しているという--。

 麻耶と國光氏が出会ったのは、2018年5月のことだ。

 「最愛の妹の麻央さんを亡くして、もうすぐ1年という時期でした。麻耶さんはまだまだ悲しみを乗り越えられずにいて、心身ともに弱っていたんです。麻耶さんはかねてからスピリチュアル色の強い“子宮系”のカウンセリンググループに傾倒していたのですが、その交流の場で出会ったのが國光さんだったそうです。國光さんはヨガのインストラクターもしていて、麻耶さんは彼のセラピーを受けることで、癒されていったように見えました」(麻耶の知人)

 國光氏は当時から、知る人ぞ知る存在だったという。

 「不思議な力で心身を調整する『オメガセラピー』を謳い、少なくない顧客を抱えていたようです。いまは削除されていますが、当時の國光さんのSNSには『宇宙ヨガ』や『覚醒体験』など、スピリチュアルな言葉がたくさん並んでいました」(芸能記者)

 2018年7月、セラピーを通じて急接近したふたりは結婚を発表。出会って2か月、“交際ゼロ日”での電撃婚だった。そしてこの結婚を境に、麻耶は周囲から心配する声が上がるほどに豹変していく。

 結婚後、麻耶の傍らには常に國光氏の姿があった。ふたりは2020年の秋口頃から、目に見えるトラブルを引き起こすようになる。

 「國光さんが、麻耶さんの仕事に同行し始めたんです。しかも『その服はよくない』とか『撮影の方角が悪い』などとスタッフに指示を出すようになった。その行為が目に余り、番組側が國光さんに同行しないようにとお願いしたところ、今度は麻耶さんが精神的に不安定になってしまったんです」(テレビ局関係者)

 そうした背景もあってか、麻耶は当時レギュラーコメンテーターを務めていた『グッとラック!』(TBS系)を突如、降板。所属していた芸能事務所も契約終了を発表した。ふたりは活動の舞台をYouTubeに求めた。チャンネル名を『コバヤシテレビ局』として、早朝からふたり並んで瞑想するなど、独特の内容を配信し続けていた。

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング

×