カトパン「2000億円婚」で注目 女子アナが結婚した「一般男性」達のすごい収入 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

カトパン「2000億円婚」で注目 女子アナが結婚した「一般男性」達のすごい収入

 国税庁の『令和元年分 民間給与実態統計調査』によると、正規社員の平均給与は年間503万円。20年前の平成11年、男性の平均給与は567万円であり、日本人の年収は毎年のように減少し、不況が続いている。そんな先行きの見えない時代に、“年商2000億円企業の2代目社長”はパワーワードだったようだ。

 6月7日に結婚を発表した加藤綾子アナ(36)のお相手は“一般男性”と報道されていたが、『文春オンライン』が東京や神奈川などに約60店舗のスーパーマーケットを展開する経営者とスクープ。ネット上では、「“一般男性”じゃない」という声が飛び交っている。

 カトパンに限らず、女子アナは玉の輿に乗っているイメージもある。億の年俸を稼ぎ出すプロ野球選手と結婚するアナウンサーもいるからだろう。一体、女子アナはどのくらいの年収の“一般男性”と結婚しているのだろうか。芸能記者が話す。

 「年収1000万円以下(金額は推定。以下同)の男性と結婚する人はほとんどいません。今回のカトパンのように、“年商2000億円企業の2代目社長”はかなりの大金持ちに入ると思いますが、2014年にはテレビ東京の大江麻理子アナが“資産85億円”と言われるマネックス証券の松本大社長と結婚していますし、桁が違う人も目立ちます」

 カトパンのように、企業社長とゴールインする女子アナは少なくない。日本テレビの永井美奈子アナは2001年にサイバードの堀主知ロバート社長、テレビ朝日の石井希和アナは2007年に楽天イーグルスの島田亨球団社長、フジテレビの島田彩夏アナは2009年にレゾナンスの近藤正純ロバート社長と婚姻届を出している(肩書きはいずれも当時)。企業の業績に左右されるとはいえ、社長となれば年収数千万円になる。堀主知ロバート氏は当時の高額納税者番付を見ると、推定年収2億円弱の年もあった。

 「他の“一般男性”は医師や弁護士、広告代理店社員、商社マンなどがいます。最も多いのはテレビ局の同僚社員ですね。元フジテレビの小島奈津子アナ、平井理央アナ、TBSの山内あゆアナなどがいわゆる“職場結婚”をしています。フジテレビでは生野陽子アナと中村光宏アナ、テレビ朝日では高橋真紀子アナと坪井直樹アナなどアナウンサー同士が結ばれることも珍しくはありません。キー局の社員は一定の年齢になれば年収1000万円に届きます」

 年収1000万円も稼げば、世間の感覚では相当なお金持ちだろう。実際の年収は別としても、“年商2000億円企業の2代目”のインパクトは強い。

 「フジテレビの高木広子アナが2010年に再婚した時、年商100億円の人材派遣会社の会長と言われ、話題になりましたけど、その20倍ですからね……。もちろん、カトパンはお金だけに惹かれたわけではないでしょうが、収入が結婚条件の1つになるのは当然のことです。

 もっとも、仮にカトパンが年収300万円の男性と結婚したら、それはそれで注目されたかもしれませんが、だからといって誰もカトパンの生活の面倒を見てくれるわけではない。いずれにしてもお相手の収入がこれだけ話題になるのは、やはり人気者の証と言えるでしょうね」

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング

×