【ぴいぷる】花*花 ファンと歩み再び音の旅を紡ぐ ニューアルバム「52R45」リリース (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【ぴいぷる】花*花 ファンと歩み再び音の旅を紡ぐ ニューアルバム「52R45」リリース (1/2ページ)

 ■各々の作曲が重なる

 おのまきこ 4年ぶりにリリースしたニューアルバム『52R45』(ゴー・トゥー・アール・フォーティーファイブ)は、2人が別々に作っていた曲が、同じ「旅」というテーマだったという偶然にびっくり。昨年のデビュー20周年のツアーがコロナ禍で中止される中、考えることは同じだったのね。

 こじまいづみ 「昭和に生まれて平成を泳いで令和にたどり着いたよ」の歌い出しの『茜空テールランプ』は、「人生は旅」というイメージ。詞を作るときに思い描いたのは、旅先で会った人や風景。皆さん、こういうことが恋しいんやないかって思いました。

 おの ジャケットはかわいい車のイラスト。思い出という荷物を積み込んで旅を続けます。私たちのグッズや歌詞に出てくるスニーカーなども描かれてますよ。

 こじま 題名の「45」は私たちの年齢。「大人っていいもの」という思いも詰め込みました。

 おの 昨年はツアーができなくて、代わりに無観客ライブを配信。お客さんと一緒に歌ったり、手拍子したり…と、参加型なのが『花*花』のライブなのに残念。

 こじま ライブはお客さんと一緒に作っていたってことを実感しました。

 おの 結成20周年記念のアルバム『2×20(ニカケルニジュウ)』の中の新曲『乾杯のうた』は、いろいろあるけど乾杯しようというメッセージを込めたもの。当初は居酒屋でファンと盛り上がる映像を作る予定でしたが、緊急事態宣言で企画変更。ファンの方たちにZOOMで乾杯しようと呼び掛けました。

 こじま リモートの乾杯。何度見ても泣けます。

 おの 高校卒業後に入った甲陽音楽学院の同級生で、私はジャズピアノ専攻、いづみさんはヴォーカル科。当時からずば抜けて存在感があり、先生もシンガーとして一目置いてました。私よりはるかに音楽の知識もあったし。ホメすぎてますけど。

 ■出会いは児童合唱団

 こじま ホンマの出会いは、小学生時代の兵庫・高砂市児童合唱団。全然覚えてなくて。音楽学院の入学直後、「合唱団で一緒だったよね」って声をかけてくれて。帰りの電車も一緒で、仲よくなりました。ヴォーカル科はテストのとき、伴奏者を連れていかなあかんのです。で、お願いして、練習したら楽しくて、テストのことはそっちのけ。

 おの 2人でピアノを弾いて2人で歌って。『花*花』という名は安直に決めましたね。

 こじま 女2人やから、両手に花でええんちゃうって。花と花の間に花のイラストを描いたら、それが『*』ってタイピングされて。それが正式表記になりました。

 おの 音楽学校の先生に紹介された尼崎のライブハウスで歌ってたら、違う人を見にきたインディーズのレコード会社の人の目にとまって…。

 こじま 最初のヒット曲『あ~よかった』は友人の結婚式のために作ったもの。続く『さよなら 大好きな人』は、16歳のときに亡くなった祖父に対する気持ちを綴りました。それが田村正和さん主演のドラマ『オヤジぃ。』(TBS系)の主題歌になって、『紅白歌合戦』(NHK、2000年)にも出場することに。

関連ニュース

アクセスランキング

×