熊田曜子“起死回生”は大人のオモチャをプロデュース? 人気女性芸能人も使用告白 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

熊田曜子“起死回生”は大人のオモチャをプロデュース? 人気女性芸能人も使用告白

 夫からのDV被害から一変、自身の不倫疑惑が浮上したタレント、熊田曜子(39)。一部では離婚も取り沙汰される中、1カ月近くSNSの更新がなく、その動向が心配されるところだが、夫婦関係以上に影響を及ぼしているのがその愛用グッズだという。

 熊田は2012年4月に会社経営者の夫と結婚し、3児をもうけた。テレビ誌ライターは語る。

 「出産後も20代の頃に劣らぬ抜群のプロポーションを披露して女性からの支持もアップしていました」

 そんな中、今年5月、夫のDV疑惑が報じられる一方、夫側は熊田の不貞行為を訴えたことで状況は一転。

 「はじめは熊田さんに同情的な声も多かったのですが、不倫疑惑が報じられると、一気に風向きが変わりました。特に『週刊文春』の記事があまりに生々しく、インパクトが強かったことも逆風を強めた印象です」(同ライター)

 熊田が「ウーマナイザー」という大人のオモチャを利用していたことや、そこに男性の精液の存在が確認されたというのだ。

 世間の話題はそちらの方向に盛り上がりを見せた。アダルト誌の編集者は語る。

 「ドイツのメーカーが開発した『ウーマナイザー』は女性用のオナニーグッズとして世界的なヒット商品で、日本でも知る人ぞ知る存在でしたが、今回の熊田さんの報道で脚光を浴びました。コロナ禍で対人接触が難しい昨今、女性用の大人のオモチャの需要が高まっていたんです。そんな中、過去には『セックスは最大のスキンシップ』と公言していた熊田さん愛用となれば当然、女性の関心も高いです」

 ひと昔前に比べて女性が性に開放的になり、国内外を問わず、人気女性芸能人が大人のオモチャのユーザーだと告白するケースも多いという。

 「映画『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞主演女優賞を受賞した女優のグウィネス・パルトローは今年2月、自身のブランドからセックストイをリリース。日本でも女優の水原希子が6月配信のネット番組で『TENGA』本社を訪れ、女性用ブランド『iroha』の商品を使用したことを告白して話題となりました」(前出のアダルト誌編集者)

 窮地の熊田だが、いっそのこと起死回生の策として自ら大人のオモチャをプロデュースするのもアリかも?!

関連ニュース

アクセスランキング

×