【シネマパラダイス】リーアム・ニーソンのフットワークの良さに感心! 「ファイナル・プラン」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

リーアム・ニーソンのフットワークの良さに感心! 「ファイナル・プラン」

 映画史に残る『シンドラーのリスト』や『スター・ウォーズ』シリーズなどに出演する一方、気軽にアクション映画にも主演するリーアム・ニーソンのフットワークの良さには感心させられる。とても69歳とは思えない。本作では若い恋人との再スタートにかける、伝説的な爆破強盗をサラリと演じている。上映時間98分。16日公開。

 トム・カーター(ニーソン)は12の銀行を襲いながら痕跡を残さなかった伝説の爆破強盗。彼は貸倉庫で働きながら大学院で学ぶアニー(ケイト・ウォルシュ)と出会って恋に落ち、過去の清算を決意する。

 カーターがFBIに電話するとマイヤーズ(ジェフリー・ドノヴァン)はいたずらだと取り合わず、若い刑事ニーブンズ(ジェイ・コートニー)が相棒と出かける。

 ニーブンズは貸倉庫で札束を発見し横領を決意。上司を射殺してカーターにぬれぎぬを着せて対決へ。

 【ホンネ】カーターがFBIに出す条件が面白い。金は返却、面会自由で短い服役を、だってさ。伝説の強盗をそこまで特別待遇するわけないぞ、と素人のおばちゃんだって思ったのだが。 ★★★★ (映画評論家・おかむら良)

 ★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース

アクセスランキング

×