【桂春蝶の蝶々発止。】「日本的リベラル」は反対ばかりだったが…盛り上がる五輪が「感動の返し技一本勝ち」 絶望だけ語る左派野党は謝罪しながら応援すべき - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

「日本的リベラル」は反対ばかりだったが…盛り上がる五輪が「感動の返し技一本勝ち」 絶望だけ語る左派野党は謝罪しながら応援すべき

 東京五輪は連日、日本選手が活躍して大いに盛り上がっています。メダル獲得の感動はもちろん、「(新型コロナウイルスの感染拡大で)五輪開催に賛否があるなか、この場に立たせていただけたことに心から感謝します」などと語るインタビューにも心を打たれます。あれだけ、彼、彼女らが涙を流すのは、並大抵ではない困難を乗り越えてきたからでしょう。

 一緒にしては失礼かもしれませんが、私たち噺家も、コロナ禍の緊急事態宣言などで、「劇場が開くかどうか分からない」状況が続いており、落語の稽古をするのも本当に大変なのです。

 「もう無理かも…」と思っていた五輪が開催されて、自分の技を発揮できた。そして、大きな結果もついてきた。視聴率の高さでも分かるように、東京五輪は前評判を見事に覆しました。これは「感動の返し技一本勝ち」ですよ。本当に私、泣き疲れする毎日を送っております(笑)。

 だからこそ、あえて申し上げたい。

 日本的リベラルを中心に展開された「五輪反対祭り」などについて、いい加減、国民は無視する覚悟を持つべきではないでしょうか?

 結局、彼らは政府のやることに「何でも反対」「イチャモン」ばかりで、その象徴として東京五輪が批判され続けたのでしょう。彼らの言うことに耳を貸しても、誰もが不幸になるとしか思えません。

 ワイドショーは最近、しれっーとして日本人選手の活躍を伝えている。ねっ? それくらいのレベルなんですよ。覚悟も深さも何もない。

 ある日本的リベラル番組では、司会者が「五輪をお伝えしなければなりません」と、まるでお通夜みたいな顔で言っていたそうです。オリンピックだけに「五輪中(ごりんぢゅう)」ということですか?(苦笑)。そんなに嫌ならやらなきゃいいでしょ。その方がよほどカッコいいですよ。

 私はいつもこう思っています。「政権は調整・妥協を考えるもの。野党は希望を語るもの」だと。菅義偉首相は、そういう意味では妥協点を考えるのが下手に見えますね。日本的リベラルの意見にいつもフラフラして、中途半端な結論ばかり出してしまう感じがします。少し情けなく思います。

 その10倍ダメなのは、もちろん左派野党です。彼らがなぜ国民的支持を得られないのか? それは希望など1ミリも考えず、絶望だけを語り続けているからです。絶望だけを大声で叫ぶようなリーダーのもとに、一体誰が集まるのですか?

 左派野党の面々は、今すぐ日の丸を持ってテレビの前に座り、「あなた方の機会を奪おうとして、申し訳ございませんでした!」と大きな声で謝罪しながら応援すべきですよ。日本人選手たちが体現する「希望」を感じて、ちょっとは勉強しなされ!

 ■桂春蝶(かつら・しゅんちょう) 1975年、大阪府生まれ。父、二代目桂春蝶の死をきっかけに、落語家になることを決意。94年、三代目桂春団治に入門。2009年「三代目桂春蝶」襲名。明るく華のある芸風で人気。人情噺(ばなし)の古典から、新作までこなす。14年、大阪市の「咲くやこの花賞」受賞。

関連ニュース

アクセスランキング

×