不倫報道の有村昆、生謝罪で“生自爆” 正直に話すほど女性陣からはバッサリ - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

不倫報道の有村昆、生謝罪で“生自爆” 正直に話すほど女性陣からはバッサリ

 5月に写真週刊誌『フライデー』で“不倫未遂”を報じられ、妻のフリーキャスター、丸岡いずみ(50)と7月に離婚した映画コメンテーター、有村昆(45)。16日には『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演し、生謝罪したが、これで禊(みそぎ)になったのか。

 神妙な表情で出演した有村。報じられた不倫未遂を事実と認めた上で「よこしまな気持ちはありました」と語った。

 その後に飛び交った“合コン”報道についても認めたが、その理由について夫婦仲が悪く、ストレスを発散するためだったと弁明。

 さらに離婚の経緯についても、「切腹もの」だとして、自らが「けじめ」として切り出したことを明かしたのだった。

 これにはコメンテーターのアンミカは「離婚でケジメって違和感がある」と苦言。同じくコメンテーターの高橋真麻も「離婚を決めるのはわしじゃ! と思っちゃう」とバッサリ。

 「有村さんは包み隠さず話したつもりでしょうが、少なくとも女性には受け入れられない理屈ばかりでした。芸能界で生きていこうと思うなら、映画コメンテーターとしてはまだ厳しいので、バラエティーで自分の身を切り売りするしかないでしょうが、これでは女性層からは評価されない。まだまだ浮かぶ目はないのでは」と女性誌編集者は手厳しい。

 正直に語るほどマイナスになりかねないとは。

関連ニュース

アクセスランキング

×