深田恭子、休養中も“出ずっぱり”状態…芸能関係者「これ以上は休めなかった」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

深田恭子、休養中も“出ずっぱり”状態…芸能関係者「これ以上は休めなかった」

 「適応障害」と診断され5月26日から休養に入っていた女優の深田恭子が活動再開を発表した。

 「深田さんは8月末に復帰。復帰後初の仕事は来年のカレンダーのための撮影だったそうです。また10月からは主演映画が公開されるため、今後は映画のPR活動を中心にスケジュールはかなり詰まっています。現在放送中のドラマ『押しの王子様』(フジテレビ系)を直前で降板した深田さんですが、結局、新CMが流れるなど、休養中も“出ずっぱり”状態でした」(芸能プロ関係者)

 深田は自身のSNSで「心も体も回復」と、完全復活をアピール。

 ただ、関係者によると当初から休養の期間は3か月程度と言われており、このタイミングでの復帰は予定通りだったともみられる。

 それだけにネット上では復帰を喜ぶ声以上に、早すぎる復帰を心配する声や深田の心身をいたわる声があがっている。

 「当初から休養の期間が決まっていたことに違和感はありましたが、深田さんは数年先まで仕事が入っていて、実際のところ、これ以上は休めなかった」(前出・芸能プロ関係者)

 トップ女優のつらさよ。 (zakzak編集部)

関連ニュース

アクセスランキング

×