鬼龍院翔「悩み考え抜いた」結婚報告…実際は“二股”バレたくなかっただけ? - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

鬼龍院翔「悩み考え抜いた」結婚報告…実際は“二股”バレたくなかっただけ?

 結婚早々に文春砲を食らったゴールデンボンバーの鬼龍院翔(37)。

 「週刊文春」によると、鬼龍院には10年以上前に知り合い、事務所も公認の交際をしていた女性がいたが、現在の妻との交際がはじまっても関係を清算できず、今年3月まで会っていたという。

 鬼龍院は、結婚発表コメントで「報告をせずに隠し通すという選択肢もあったのかもしれませんが」などと綴っていた。

 「ファンを気遣って結婚報告をするかしないか『悩み考え抜いた』そうで、当初はファン思いだという声があがりましたが、実際には二股だったことがバレたくなかったと思われても仕方がありませんね。また、『相手は現在も過去にも芸能活動歴の無い一般の方』なので、『今後とも親も含めて家族のプライバシーに触れるような行為は控えていただきたく思います』とコメントしていましたが、それほど神経質になる理由があったということ」(スポーツ紙記者)

 鬼龍院はプライベートについて「あらためて触れる可能性があるとしたら『出産』『離婚』『家族の安全が脅かされた時』くらいなどともしていたが、『夫婦の関係が脅かされた時』も入れておくべきだった!? (zakzak編集部)

関連ニュース

アクセスランキング

×