当時の原画を紹介「マンガ家・鈴木光明展」 現代マンガ図書館・10月1日から - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

当時の原画を紹介「マンガ家・鈴木光明展」 現代マンガ図書館・10月1日から

 1950~60年代に活躍した漫画家、鈴木光明さんの原画を紹介する「マンガ家・鈴木光明展」が、東京都千代田区の明治大米沢嘉博記念図書館・現代マンガ図書館1階で10月1日から開かれる。来年2月7日まで。

 鈴木さんは52年にデビューし、少年誌「冒険王」や少女誌「りぼん」、学年誌を舞台に活躍。本展では「もも子探偵長」などの原画計約50点のほか、当時の単行本、別冊付録も展示する。

 代表作「織田信長」は「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインを務めた漫画家の安彦良和さんに影響を与えたという。2004年に亡くなる直前まで神奈川県の自宅で後進を指導した。

 入場無料。火~木曜休館。問い合わせは同館(03・3296・4554)。

アクセスランキング

×