沢口靖子、33年も前に遡るスキャンダルのお相手は!? 3億円マンション一括購入より不思議な“浮いたウワサ”の皆無 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

沢口靖子、33年も前に遡るスキャンダルのお相手は!? 3億円マンション一括購入より不思議な“浮いたウワサ”の皆無

 沢口靖子(56)が都内の一等地に建つマンションのペントハウスを現金一括で購入していたことがわかった。約3億円だという。

 沢口は84年、高校3年でデビュー。主演を務める代表作「科捜研の女」(テレビ朝日系)は今年10月から22年目を迎えるが、同作の初の映画化も好調だ。

 「沢口さんは安定かつ順調な女優人生を歩んでいますから、3億円のマンションを一括購入してもなんら不思議はありません。ただ、不思議なのは浮いたウワサがまったくないことのほうですよ」(スポーツ紙記者)

 たしかに沢口のスキャンダルは皆無に等しい。唯一のスキャンダルは33年も前に遡る。

 「お相手は阿部寛さんでした。88年にスペシャルドラマの撮影で知り合った2人は、その後『夜のドライブデート』が報じられました。二人で花火を見たり、ディズニーランドに出かけたのは確かですが、交際にまで発展しなかったようです。当時沢口さんは取材に応じ、『フランクなお友達。騒ぎになって困ってしまいました』などと語っていました」(前出・スポーツ紙記者)

 東宝のシンデレラにいまだ王子は現れず。 (zakzak編集部)

関連ニュース

アクセスランキング

×