日露合同映画「歳三の刀」22年完成予定 歴史ファンタジー「土方の魅力を世界に伝えたい」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

日露合同映画「歳三の刀」22年完成予定 歴史ファンタジー「土方の魅力を世界に伝えたい」

 2022年完成予定の日露合同映画『歳三の刀』(増山麗奈監督)で土方歳三役を演じる武楽創始家元で武楽座代表の源光士郎がロシアでの撮影を終えて帰国後、取材に答えた。

 「今回のロシアでの撮影のクライマックスは、ロシア皇帝の前で土方歳三が演武を披露するというシーン。演武をはじめると、その場にいた全員の空気が変わったのを感じました。日露両国の平和や芸術文化の関係性がより深まる一助になることを願い演じました」

 ロシアのアムール州政府が主催する第19回「アムールの秋映画祭」と連動して、ロシアのブラゴベシチェンスク市で土方歳三が帝政ロシア最後の皇帝ニコライ2世と面会するシーンなどを撮影した。

 本作品は、新選組副長、土方歳三が隕石(いんせき)の刀を持ってロシアに渡航したという設定の歴史ファンタジー。

 1869年に戊辰(ぼしん)戦争で戦死した土方歳三の生誕地である東京都日野市に本部を持つ一般社団法人「ユーラシア国際映画祭」の代表理事を務める増山監督によると、撮影地の復興、コロナ禍が終息した後の観光促進・地域経済復活が製作の目的だという。

 「ロシアと日本が協力し合って、友好や平和を表現できるような演技をしたいと思っています。日本の心、SAMURAIの美を表現したい。土方歳三は、日本では非常に人気で、そのサムライ精神を貫く姿勢を多くの人が知っていますが、世界にその魅力を伝え、伝統が廃れてしまわないように守るため、表現し伝えたい」と源は語る。

関連ニュース

アクセスランキング

×