ZAKZAK for mobile

薬物汚染とどまる所知らず ピーターのマネジャー覚醒剤で逮捕

ニュースカテゴリ:芸能

薬物汚染とどまる所知らず ピーターのマネジャー覚醒剤で逮捕

更新

ピーター  警視庁組織犯罪対策5課は、覚せい剤取締法違反(譲渡)の疑いで、東京都渋谷区の俳優、中山常之容疑者(26)を逮捕した。「注射器と袋に入った粉は渡したが、覚醒剤とは知らなかった」と容疑を否認している。

 中山容疑者は舞台などに出演し、歌手ピーター(本名・池畑慎之介)の「パーソナルマネジャー」という名刺を持っていた。ピーターの所属事務所は「中山容疑者は事務所社員ではなく、ピーターさんが個人的に雇っていた」としている。

 6月8日午後7時半ごろ、自宅マンションの部屋で、知人の男(23)=覚せい剤取締法違反(使用)罪で起訴=に少量の覚醒剤を譲り渡した疑い。

 警視庁は、同法違反容疑で4月に作詞家の男を逮捕した事件に絡み、これまでに男5人を覚醒剤の使用や所持の疑いで逮捕。捜査の中で中山容疑者が浮かんだ。

 ピーターは、「逮捕を報道で知り、心臓が止まるほどびっくりしている。頼りにし、信頼していたスタッフだったので、信じたくない気持ちでいっぱいです。とにかく真実を知りたいです。お騒がせ、ご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げます」とコメントしている。

ランキング