ZAKZAK for mobile

乃木坂・白石麻衣がキャッチコピーに持論「星人、ゼッタイ、ダメ」

記事詳細

乃木坂・白石麻衣がキャッチコピーに持論「星人、ゼッタイ、ダメ」

 16日深夜放送の「乃木坂工事中」(テレビ東京系)で、乃木坂46の白石麻衣(24)が後輩となる3期生メンバーへキャッチフレーズのアドバイスを送った。

<< 下に続く >>

 この日は“十二福神”メンバーが3期生の魅力をプレゼンする「3期生PR大作戦」が放送された。白石は抽選の結果、梅澤美波(18)を担当した。冒頭で「見た目は24歳、中身は18歳の逆コナンこと梅澤美波です」と自己紹介した梅澤に対し白石は「24歳と18歳ではそんなにギャップがないようには思えるんですけども…」といきなりダメ出し。その上で白石は「キャッチコピーって、後々、『やんなきゃよかったな』みたいな、思う時が来るかもしれない。私は一度…一度じゃないか、結構失敗しているので…」と、経験談を踏まえながらキャッチコピーの重要さを説いた。

 ちなみにデビュー当時、白石は「四次元から来ましたマヨラー星人、19歳、まいやんこと、白石麻衣です」と自己紹介していた。その点をMCのバナナマンから「白石は何て言ってんだっけ?」と確認されると、白石は「何か言ってましたね…。覚えてないですね…」とうつむいた。

 設楽統(43)から「どっかの星からやってきた…とか」と詰め寄られた白石は「なんか四次元から来てました…」と苦笑い。日村勇紀(44)に「星人、よくないよね。ナントカ星人とか」と確認されると、白石は「星人、ゼッタイ、ダメ」と手でバツ印を作りながら強調し、スタジオを盛り上げた。

 放送後、ファンが白石の発言に反応。SNSでは「白石麻衣の昔のキャッチフレーズのとこもおもろかったわー」、「そんなにマヨラー星人消したいのか(笑)好きなのにな〜」、「まいやん、相変わらず後輩のキャッチコピーに厳しいね〜」などのコメントが散見されていた。

ランキング