zakzak

記事詳細

平昌五輪日本選手団に強力援軍 リオ躍進の原動力、味の素が食事面サポート

 日本オリンピック委員会(JOC)と味の素はこのほど、都内で「平昌2018冬季大会日本代表選手団サポートに関する説明会」を開催した。

 味の素はJOCと共同で、2003年からオリンピック日本代表選手強化支援事業「ビクトリープロジェクト(R)」を展開し、16年のリオデジャネイロ五輪・パラリンピックでは、約30万本のアミノ酸ベース顆粒(かりゅう)製品を提供。また「和軽食」を提供する「JOC G-Road Station」を現地で運営し、選手をサポートした。今回、来年2月の平昌大会でも設置されることが発表された。

 説明会に出席したJOCの山下泰裕選手強化本部長は、味の素の支援に感謝を示し「食事のサポートはリオ五輪で日本が躍進した原動力の一つ。競技団体から強い要望があり、平昌大会でも設置されることになり、選手団にとって心強い」と話した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング