zakzak

記事詳細

「山下洋輔トーク&ライブ2018 memory of ~相倉久人に捧ぐ」6・17開催

 夕刊フジではジャス・ピアニスト山下洋輔のコンサート、「山下洋輔トーク&ライブ2018 memory of~相倉久人に捧ぐ」を6月17日(日)、東京大手町の日経ホール(開演16時)で開催します。

 夕刊フジとのコラボは2015年2月の「『ドファララ門』トーク&ライブ」に次いで2度目。当時は音楽評論家の相倉久人氏を第1部のトークゲストに招き、第2部では山下洋輔デュオ・プラスが15年ぶりに復活。ソールド・アウトの大盛況でした。残念ながら相倉氏が同年の夏に急逝。その思いを受け継ぐトーク&ライブが、3年ぶりに実現しました。

 今回も2部構成。第1部のトークは、山下洋輔と、ゲストに建築家の藤森照信氏、ミュージシャンの菊地成孔を迎えて行います。藤森氏は山下の祖父の啓次郎氏が造った「明治の五大監獄」にも詳しく、江戸東京博物館の館長も務めています。

 第2部のライブは、山下洋輔(pf)、堀越彰(ds)、菊地成孔(ts)のトリオが復活。アグレッシブな演奏は見逃せません。

 前売りチケットは7000円(税込)。きょう9日より夕刊フジをご覧の方に特別先行発売を実施いたします。また、ディスクユニオンの新宿ジャズ館とJazzTOKYOで2月24日(土)からショップ店頭独占販売。プレイガイドの一般発売は3月17日(土)からとなります。

 山下洋輔 「藤森先生は拙書『ドバラダ門』が最初に世に出るときの生みの親だ。お聞きしたいことは沢山あるので、生での会話が楽しみだ。菊地成孔がどのようにカラむかも予想ができないし、第2部の堀越彰を加えた久しぶりのトリオもあり、何が起きるか分からないミーティングになることだろう。『何が起きるか分からないことに意味がある』という趣旨の相倉久人の言葉があったと思うが、その相倉久人に捧げて恥じない、ぶち飛んだ面白いものになると確信している」

 ■山下洋輔トーク&ライブ2018 memory of~相倉久人に捧ぐ

 【開催日時】6月17日(日)、午後4時開演
 【開催場所】日経ホール(千代田区大手町1の3の7)
 【料金】前売り7000円・当日7500円=全席指定
 【出演】第1部トーク 山下洋輔、藤森照信、菊地成孔/第2部ライブ 山下洋輔デュオ・プラス 山下洋輔(pf)、堀越彰(ds)、菊地成孔(ts)
 【主催】夕刊フジ
 【制作】サードアイディスク
 【制作協力】ジャムライス/ディスクガレージ
 【問い合わせ】ディスクガレージ((電)050・5533・0888、平日正午~午後7時)

 ■夕刊フジ先行予約URL(2月9日~12日)http://w.pia.jp/p/yosuke18fj/

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング