zakzak

記事詳細

「早くやれば良かった」 体験者が実感するFUE植毛手術

 薄毛対策として注目され、最近では「メスはいらない」といわれるほど技術が進化している自毛植毛手術。実際にBTRアーツ銀座クリニック(東京都港区新橋2の20の15新橋駅前ビル1号館201)でFUE植毛手術を受けた体験者に話を聞いた。

 「長い間育毛剤を使っていたのですがあまり効果を感じず、もう植毛しかないと考えてFUE手術を受けました」

 都内在住の40代男性は、手術にいたった経緯をこう語る。

 FUE植毛は、パンチヘアマチックという専用機器を使って後頭部の毛髪を1株(株=1つの毛穴から生えてくる毛髪の束)ずつ抜き取る。男性の場合は計1000株を抜き取り、気になっていたM字部分に毛髪を1株ずつ植え込んでいき、6時間ほどで手術は終わったという。

 「長年悩んでいたことを考えれば、もっと早くやれば良かったなと。手術後に先生から『シャワーは術後24時間たってからにしてください』と言われたので、翌日から毛が抜けないようにそっと洗いました。それ以外の注意事項は特になく、すぐに日常生活に戻れました」

 その後の経過はどうだったのか。

 「移植した毛髪が定着するまでは1~2週間かかるということでした。2カ月後に1度毛が抜けることもあり薄く感じる時期もあったのですが、3カ月後からは再び毛髪がどんどん増えました」

 手術から半年が経過したころには「植えた毛がどんどん伸びてきて、若返った実感がわいてきました」と、笑顔で話した。

 無料カウンセリング相談は、FUE植毛センター(フリーダイヤル0120・55・8765、www.shokumou.jp)。

アクセスランキング