zakzak

記事詳細

冬は夏より「上の血圧7上昇」 家庭測定で毎日チェック、136以上で脳卒中リスクも (1/2ページ)

 寒い今の時期は、血管の収縮などで血圧が上昇しやすい。夏場は、上の血圧(収縮期血圧)が130(単位・mmHg)程度だったのに、冬場は136程度まで上がることも。日本高血圧学会の治療ガイドラインでは、家庭血圧測定で135/85以上が高血圧。「136程度なら大丈夫だろう」と思いたいが、血圧変動を甘く見てはいけない。

 「岩手県花巻市大迫(おおはさま)町の研究では、上の家庭血圧が136以上になると、脳卒中リスクが2・86倍になりました。中年期で120/80未満(至適血圧)を超えていることが、その後の24年間に脳卒中で亡くなるリスクの66%も占めるとの報告もあります。少々血圧が高いだけと安心してはいけません」と、帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座の大久保孝義主任教授は話す。

 大迫町研究は1987年、岩手県立病院の永井謙一名誉院長や、東北大学大学院薬学研究科の今井潤教授らが始めた疫学研究。大迫町の住人に家庭血圧測定を行った画期的な研究で、大久保教授は、高血圧と脳卒中や心筋梗塞などのリスクについて明らかにしてきた。

 「冬は夏と比較して上の血圧は7程度、下の血圧は3程度上がる。また、脳卒中などにつながる悪い血圧変動を起こしやすい人もいます。毎日、家庭血圧測定を行うことで、ご自身の血圧変動を把握しましょう」

 冬の寒さに加えて、年末年始は、塩分を多く含む料理や飲酒により、夜間や早朝の血圧が上昇しやすくなる。大久保教授によれば、夕食で日本酒換算1合以上を飲むと、飲んでいない日と比べて朝の上の血圧が10程度上がるという。130だった人が140になることは珍しくないのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング