zakzak

記事詳細

過去最悪規模の大流行「隠れインフル」が猛威、最強寒波が招くウイルス最適環境 (1/2ページ)

 ついに過去最悪規模の大流行となったインフルエンザ。症状が軽く、知らない間に他人に感染させる恐れがある「隠れインフル」の増加に加え、事態を一段と深刻化させかねないのが、日本列島に流れ込んだ最強寒波だ。記録的な低温は、ウイルスの活動に最適な環境、つまり人間にとって最悪だと専門家は警鐘を鳴らす。

 厚生労働省によると、全国5000の定点医療機関から21日までの1週間に報告されたインフルエンザ患者数は1医療機関当たり51・93人となり、統計を取り始めた1999年以降で過去最多となった。医療機関を受診した患者数は推計約283万人にのぼる。

 直近5週間に検出されたウイルスは、2009年に新型として流行したA型とB型が同程度。通常2月に増え始めるB型が急増しているのが特徴だ。

 「A型を発症した患者がほぼ高熱が出るのに対し、B型は発症しても37度台の微熱で済む、あるいは熱が出ない場合がある」と説明するのは山野医療専門学校副校長で医学博士の中原英臣氏。

 怖いのはこうした患者がインフルエンザにかかったと気付かずに出社、登校し周囲に感染させてしまうケースだ。

 「B型は症状には個人差がある。感染させた患者は大した症状が出なかったとしても、うつされた方は高熱にうなされることもある。少しでも風邪のような症状が出た場合は、医療機関でインフルエンザでないか確かめるべきだ」と中原氏。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング