zakzak

記事詳細

旅行中のトイレや睡眠不足が心配… 不安から来るストレスにも効果的な漢方

★(1)

 10連休取れる人もいる今年のゴールデンウイーク。旅や行楽の予定を立てる前に不安を解消しておきましょう。

 【システムエンジニア Iさん、55歳】

 旅行はいつも楽しみと不安が半々。もともとトイレが近く移動中や観光地でのトイレの心配、場所が変わっての睡眠の心配などが消えない。せっかくの旅行は、何も気にせずにリフレッシュしたいので、不安を感じず楽しさだけ感じていたい。

 【主訴】

 旅行中の不調、頻尿

 【相談】

 Iさん 旅好きで、連休が待ち遠しいのですが不安もあります。

 愛先生 旅行では、長距離の移動が多いのですか?

 I そうですね。海外が好きなので飛行機の移動が多いです。さらに、ヨーロッパなどではバス移動をすることもあります。もともとトイレが近いので、飛行機は通路側の席が取れると良いのですが、窓側や内側だとトイレに立つのも気を使って我慢してしまいます。バスに乗るときには、トイレにしばらく行けないと思うだけで不安になってしまいます。

 愛 観光地でのトイレ探しは、けっこうストレスになりますよね。見つけたと思ったら行列ができていたり、ツアーだと集合時間に間に合うか心配になったり。

 I はい。頻尿に効果的な漢方薬はないでしょうか?

 愛 精神的な影響による頻尿には清心蓮子飲(せいしんれんしいん)が役立つと言われています。ただ、年齢とともにトイレの回数が増えているような場合には、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)や六味地黄丸(ろくみじおうがん)が有効です。腰痛やむくみの改善にもつながります。

 I なるほど、移動中は血行が悪くなり腰痛やむくみも感じるので牛車腎気丸などが良いかもしれません。

 愛 それなら、血行を改善し痛みを改善する田七人参(でんしちにんじん)を併せてみるのも効果的ですよ。

 I 症状によっては併用してもいい薬もあるのですね。あと、場所が変わると寝つきが悪くなるのですが…。

 愛 良い漢方があります。桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)は、環境の変化など些細(ささい)なことがストレスとなり眠れなくなる時に使います。

 場所の変化だけではなく、時差ボケにも効果が期待できます。さらに、神経の高ぶりを抑えて不眠の改善に役立つものに抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)があります。旅行中は、一緒に行く人との意見の相違や交通機関の遅れ、言葉が通じないなどイライラすることもあるかもしれません。抑肝散加陳皮半夏は、そうしたことの予防にもなります。

 I 病気とは言えない、小さな悩みにも対応できるのは驚きですね。早速、参考にしてみます。ありがとうございました。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ、秋田の山で薬草を採りながら育つ。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。

関連ニュース

アクセスランキング