zakzak

記事詳細

《zak女の雄叫び お題は「肥」》やせすぎてもだめなんです

 久々に実家に戻ったら、母が夕食の白米を抜くダイエットをしていました。いくつになっても体形を維持していたいという心がけはあっぱれですが、母ももう60代後半。実は最近、高齢者の「肥満」問題に注目が集まっています。

 肥満は高血圧や糖尿病などの生活習慣病につながりやすく、脳出血や心筋梗塞などのリスクを高めることはよく知られています。また、最近高齢化している人工透析患者には、糖尿病が原因で透析が必要となった患者が多くいます。糖尿病の患者は認知症になりやすいとも言われていて、まさに肥満は健康長寿の敵、であることは間違いないのですが…。

 一方で、最近注目されているのは高齢者の「やせ」です。実は、やせている高齢者の方が認知症になりやすいという研究結果があるのです。加齢とともに体形がふっくらしていくのは自然なこと。無理してやせる必要はないと専門家は指摘しています。

 厚生労働省が行っている国民健康・栄養調査でも、高齢者の多くが栄養不足であることが明らかになっています。配偶者に先立たれるなどしてひとり暮らしになった高齢者は、食事を作ったり、3食しっかり食べたりすることを面倒に思うのでしょう。家にこもっているとおなかも減らないから、パンだけ、お米だけで食事を終わらせる高齢者も多いのです。栄養バランスを考え、しっかり食べることはいくつになっても大事です。

 と、他人にはアドバイスをするのに、自分のこととなると無頓着な私。食欲の秋を地でいき肥ゆる日々ですが、母を見習って少しは体形に気をつかわないと、洋服のサイズが変わってしまいそうです…。(み)

 演劇大好きなアラフォー根無し草。重い腰を上げて始めた近所のプールでのスイミングも、数カ月しかもちませんでした。

【zak女の雄叫び】取材や日常…。女性記者21人が月ごとのキーワードで本音を綴るリレーコラムです。10月のお題は「肥」です。

アクセスランキング